インターネットからダウンロードしたファイルを実行しようとすると「Windows によってPCが保護されました」というメッセージが出てしまい、「実行しない」しか選べない、という場合の対処方法。

対象PC: Windows 10/8.1

「実行しない」しか選択肢がない状態の画像
「WindowsによってPCが保護されました」
▲クリックで拡大
Windows8以降、安全性をまだ確認できていないファイルや、問題を引き起こすことが確認されているファイルを実行しようとすると上記のようなダイアログが表示されるようになっています。

アップデートが頻繁に行われるフリーツールや、大手ベンダーのツールやドライバーでもベータ版を利用しようとすると、この現象に遭遇するケースが多々ありますます。

対処方法

まず画面左側の「詳細情報」をクリックします。
画面左側の「詳細情報」をクリック
▲クリックで拡大

「アプリの発行元」や「ファイル名」と共に「実行」ボタンが現れます。
「実行」ボタンが現れる
▲クリックで拡大
ここから実行できます。
自分が意図してダウンロードしたプログラムで、かつ「自己責任で信頼できるプログラムである」と判断できる場合は「実行」ボタンを押しましょう。

SmartScreenの設定を変更する方法

以下の設定を行う事で、SmartScreenの制限を緩くする(この警告画面を出にくくする/出なくする) 方法もあります。
※セキュリティ上のリスクが高まるので、以下はなるべく変更しないようにしておきましょう。

コントロールパネルから操作します。(管理者権限が必要)
SmartScreenの設定を変更する方法
▲クリックで拡大

SmartScreenの設定を変更する方法2
▲クリックで拡大

このページの情報は以上です。