4月24日のWindows Update以降、私のPC環境ではネットワーク関連で色々と不具合が出ているので、メモ的に更新。 DNSキャッシュをクリアすると、ある程度の不具合は解消します。でも、根本的に何かがおかしいです。。。

最初に余談

この記事アップする準備がほぼ完了した時点で4月27日のWindows update パッチが来た。
不具合解消されたっぽい・・・・。
くっそう、この3日間、私は何と戦ってたんだ。

症状:ネット回線が非常に重くなった。。。というか接続に時間がかかるようになり、サイト表示にもの凄く時間がかかるようになった。

ってな感じで、明らかに異常。インターネットやプロバイダではなく、自分のPC側で障害が起きているっぽいのでPCメンテナンスを実行。

効果のあった対処方法:WindowsのDNSキャッシュをクリアする

DNSキャッシュのクリアは、通常コマンドプロンプトから「ipconfig /flushdns」と入力します。
またCCleanerなどのメンテナンスツールにも、DNSキャッシュ削除機能は搭載されています。

コマンドプロンプトでDNSキャッシュを削除削除している図
▲クリックで拡大
コマンドプロンプトでDNSキャッシュをクリアしているところ。

詳しい手順の解説が欲しい方は以下
WindowsのDNSキャッシュをクリアする方法 (サイト内リンク)
今回はこれで一発解消できました。

と思ったら不具合は続く。。。

DNSキャッシュをクリアした後は、この不具合は解消し、サクサク表示が復活した、、、と思っていたのですが、それでも時々、Webサイトの表示が極端に重くなる。

症状:あり得ない所でWebサイトの表示が止まる。クソ重い。

「ソースもサーバーの状態もよく理解している自分のサイト」で表示・検証しても、装飾の殆ど無いテキストページですら途中で表示が切れ、ブラウザが重くなる。
通信が途切れ途切れになっているっぽい。でもLAN機器・ドライバには、特に障害は見当たらない。

もしかして、今さらIPv6病が発症したのか・・・?

 

IPv6を無効にする

新しい通信プロトコルの通信バックボーンが貧弱だったり、PCの通信機器が古いモノだったりすると、IPv6を有効にしていると通信品質が非常に悪くなる場合がある。

Windows 7でIPv6を無効にする手順の詳細は以下
WindowsでIPv6を有効・無効にする方法(サイト内リンク)

IPv6の設定を無効にする
▲こんな感じにコンパネから(TCP/IPv6)のチェックを外して「OK」をクリックするだけでOK。

しかし今回の症状には効果なかった。

もう一度 症状をよく観察する

IPv6を無効にしても、突発的に全てのWebサイトが無反応になる症状は治らない。

  1.Webサイト上の何か(画像・css・js・iframeなど)何か一つでも応答が遅いとそこで止まる
  2.「1.」の現象は、IE、Firefox、Chromeのドレを使っても発生する
  3.「1.」とは関係無しに、突然、途中で通信が止まる事もある

うーむ。。。何が原因なんだろう・・・?

似たような現象に苦しんでいる人はいないのか・・・?

今回のWindows Updateでネットワーク関連のトラブルに見舞われた人はどれくらいいるのか・・・?
と検索をかけてみる。ソレっぽいのが1件だけ見つかった。

ドッフの喫茶店 : 【Windows7】PLANEX GW-USEco300のWindowsUpdateはするな!
▲こちらの方もネットワーク関連でトラブルに見舞われています。
「システムの復元」で元の状態に戻し、Windows Updateで適用されるパッチを一つ一つチェックされた模様です。

やばい。今「システムの復元」をオフにしてて、元に戻せない。
多分うちの環境でも余計なネットワークドライバが導入されているんだろうな。。。

サイト内関連ページ