2016.05.18 15時: GIGAZINEさんのリンクを追記。過去5年分のパッチが一気に適用できるアップデートが公開された模様。
2016.05.18 13時: かなりの量の更新プログラムがリリースされました。

2016年5月のWindows Updateで発生するトラブルをまとめたページです。
個別のKB情報などは記載していません。
手元で発生した症状や、ネットで拾った情報を元に構成しています。
(5月11日配信分の情報はページ中段から記載)

更新の確認に時間がかかる問題について

Windows 7/Vistaで発生する「更新プログラムの確認に時間がかかる問題」については、別ページで解説しています。
 → Windows Updateに時間がかかる問題2016年5月版

2016.05.18追記分

Windows7/8.1 共に、かなりの量の更新プログラムが追加されました。

5月18日分の更新は以上。
以下、5月11日分の更新の情報。

5月11日配信分のざっくりまとめ

5月12日13時時点で手元で確認できる問題は以下。

  • Windows7
     多くのPCで更新の確認が終わらない問題が発生
  • Windows8.1
     特に問題なし
  • Windows10
     一部のPCで動作が重くなる問題が発生。
     ※KB3152599で解消した感じ。

 

「Windows Updateに失敗する、OSが起動しなる」などの問題が発生した場合は、「Windows updateができない・失敗をくりかえす時の一般的な対処方法」などサイト内関連ページを参考にしてください。
(今月配信分に固有の問題はなさそうです。)

以下、5月11日配信分の詳細。

Windows 7

Windows 8.1

  • 今の所、大きな問題は観測されていません。
    手元のPCでも問題は発生していません。

Windows 10

  • 更新後、エクスプローラーやPC全体の動きが重くなる
    • 5月12日深夜に配信されたKB3152599で解消するものと思われる。
      ※ただし手元の検証はCortanaを無効にした状態。有効にした場合の検証はしていない。
    • 以下5/11時点の情報
      Windows 10アップデートで動作が異常に遅くなる可能性~10日リリースの「KB3156421」が対象 - PC Watch
      KB3156421 が原因。
      Cortanaの機能の一部で不具合が発生している。
      解決(症状を緩和させる)手順も上のリンク先にあり。
    • 手元のPCでも発生している(かもしれない)
      • PCが重くなると言うより、ストレージへのアクセスに遅延が発生している感じ。
      • 更新後、初回再起動時は異変はなかった。
        2度目の再起動の後、Diskアクセスに妙な引っ掛かりを感じるようになった。
      • Dドライブ以降のストレージにアクセスする際、かなり大きな遅延が発生する。
        内蔵SSD、内蔵HDD、外付けHDD、いずれの場合でも発生する。
      • Cドライブへのアクセスは問題ない。
  • 5月12日 深夜、KB3152599 (Windows 10 Version 1511 for x64-Based Systems 用更新プログラム) が配信された。
    • PCが重くなる問題の解消パッチか?
      まだチョット不明。
      手元のPCの場合、KB3152599適用してからPC操作時の引っ掛かりがなくなった。
      パッチ適用から4時間、問題発生なし。(ただし手元のPCはCortanaを無効にした状態)
      恐らく このパッチを適用すれば5/11の更新でPCが重くなったのが解消される。
  • 今の所、これ以外には大きな問題は発生していないように感じます。

その他:おまけ

2016年5月のWindows Updateメモ
↑こちらでメモ書きレベルの情報を公開しています。
まとめる前の書き散らかした情報でも良いので、少しでも情報が欲しい、という方はこちらも読んでみて下さい。

過去の「月例別」Windows Update トラブル対処方法まとめページ
過去の不具合情報などを読み返したい場合は上ページを利用ください。