Encoreに無変換で読み込ませる FHD(1920x1080)30FPS プログレッシブ素材をx264で作成する

30FPSプログレッシブ素材のFHD(1920x1080)ファイルを作成し、Adobe Premiereに読み込ませるにはどうしたら良いのだっけ・・・?というのをスッカリ忘れてしまっていたのでメモ書き

Encoreに無変換で読み込ませる FHD(1920x1080)30FPS プログレッシブ素材をx264で作成する

プログレッシブ素材のFHD(1920x1080)ファイルを作成し、Adobe Premiereに読み込ませるにはどうしたら良いのだっけ・・・?というのをスッカリ忘れてしまっていたのでメモ書き。

成功するとこんなカンジになります。
Adobe Creative Cloud
▲クリックで拡大
以前 試した時はアッサリ作成できたのでメモを取っていなかったのですが、、、数年前経つと忘れてしまいますねえ( ̄▽ ̄;)

x264で FHD プログレッシブ素材を作成する方法

  • パラタメータ
    --weightp 0 --bframes 3 --nal-hrd vbr --vbv-maxrate 33000 --vbv-bufsize 30000 --level 4.1 --keyint 24 --b-pyramid strict --slices 4 --aud --colorprim "bt709" --transfer "bt709" --colormatrix "bt709" --sar 1:1 --tff --fps 30000/1001
    • 赤字部分、特に--tffの部分が大切。
      FHD素材の時は、キチンとフィールドを指定してやらなければAdobe Encoreは無変換で取り込めるファイルとは判断してくれない。
    • フィルード情報があれば、あとはEncore側でファイルを見てインターレースか、プログレッシブかの判断をしてくれるらしい。
  • 保存形式
    x264でBD形式の動画素材を作成する場合は、一旦RAW形式でファイルを保存しなければAdobe EncoreはACVHDファイルと認識してくれない。

注意事項は上記2点です。
動画にはフィールド情報が入っているので、再生ソフトによっては60FPSで再生されます。その時両方のフィールドが反映されるか、片方のフォールドが失われるかは、再生ソフトやコーデック・スプリッターに依存するようです。

補足

今回はAviSynthを経由させず、直接x264で変換してみました。

一旦AviSynthで読み込んで、そこでフィールド指定する場合は上記のパラメータは不要になるかもしれません。
以前ためした時はAviSynth経由でフィールド指定していた筈なので、x264側で指定する必要がなかったのかも。。。



次のページへ
前のページへ
Encoreに無変換で読み込ませる FHD(1920x1080)30FPS プログレッシブ素材をx264で作成する
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> Encore
x264でBlu-ray規格のh.264素材を作成する
Adobe系ツールのキャッシュフォルダの場所
Premiere Pro と Encoreの「音声ファイル差し替え」時の注意
Premiere ProとEncoreでH.264が音ズレする (個人的な) 問題ようやく解消

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/04/16(2015年04月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8