このページについて

Windows8系でやや問題視 されているお話に対し、私自身がちょっと混乱してきたので軽くメモを取っておきます。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2014.11.17: サイト内カテゴリーの変更

2014.07.20:
  hiberfil.sysと高速起動に関するリンク
  pagefile.sysの適切なサイズに関するリンクの2件追加
2014/11/13: Microsoftのリンクが切れていたので修正。
2014.04.24: 初出


Windows8系で やや問題視 されているお話。
私自身もちょっと混乱してきたので、軽くメモを取っておきます。

  1. Windows8の高速スタートアップが効かない問題
  2. 再起動時に、勝手に前回起動の状態に復元されてしまう
  3. インストールDiscからの「システムの復元」が出来ない問題
  4. 外付けHDDの中身が消えてしまう問題
上記のポイントを別問題として抑えておかないと、色々混乱してしまう。

Windows8の高速スタートアップが効かない問題

ハイバネーション(hiberfil.sys)や、ページファイル(pagefile.sys)を無効にしている場合、高速スタートアップは有効にできない。

スポンサー リンク

再起動時に、勝手に前回起動の状態に復元されてしまう

Windows8.1 update1で、ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にしていると発生する。

  • 結構重要かも?Windows8.1 update1インストール後は再起動の動作が変わった?!!(現在ソース未確認) - 自作PCの道楽
    • Windows8.1 update1以降の問題。
      ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にしてはいけない。
      • レジストリの値を変更するような操作をしても、再起動で元に戻ってしまう。
      • 勝手に前回起動の状態に復元されてしまう感じ?
  • 私のPC環境では、Windows Updateの際も前回起動の状態に復元されてしまいます。。。
    • hiberfil.sysやpagefile.sysは、有効にして利用しています。
      設定変更後、PCの再起動を行い、設定が反映された事も確認しています。
    • 2014年5月、7月のWindows updateで発生。
      (5月・・・IPv6の無効化したのにupdate後に戻ってしまった)
      (7月・・・ページファイルの大きさを変更したのに戻ってしまった)
    • Windowsの設定を変更し、Windows updateの前に、完全シャットダウンを行わなかった部分が巻き戻っている感じ。
    • Windows update自体は適用されている。

インストールDiscからの「システムの復元」が出来ない問題

Windows8.1 Update1 で新たに発生した問題。
これは仕様なのか?

外付けHDDの中身が消えてしまう問題

  • Windows8で外付けHDDを認識しない、一定条件で外付けHDDのデータが消えちゃう問題
    • NTFSの「ログファイルシステムのバージョン」が、1.1から2.0へ変更しており、1.1と2.0に互換性ない。
    • そのため、Windows8/8.1上から「正しく取り外していない」NTFSの外付けHDDは、Windows7以前のOSでは読み込みできない。
    • Windows7で読み込みできなくなったHDDをWindows8以降でchkdskすると、データは完全に消えてしまう恐れがある
    • 「高速スタートアップ」を有効にしている場合の「シャットダウン状態」で取り外した外付けHDDでもこの問題は発生する (真のシャットダウン状態ではないため)

余談: で、swapfile.sysって何?

Windows8で新たに生成されるようになったシステムファイル「swapfile.sys」は、モダンアプリのメモリ管理・スワップ管理を行うシステムファイルのようです。

サイト内の詳細ページ
Windows 8 の「swapfile.sysは高速起動に使われる」は間違った情報のようです('Α`)

swapfile.sysに関するTipsと参考リンク

個人的なメモ書きになりますが、
swapfile.sysは、シンボリックを作成すれば別ドライブに移せるらしいです。

参考リンク
~インストールから設定・活用まで~ すべてが分かるWindows 8大百科 (39)第5章 Windows 8を支える機能たち - ハイバネーションで高速スタートアップを実現 その2 | マイナビニュース

リンク先の引用

ホストドライブをSSDへ換装しているユーザーは、同ドライブへの書き込みが気になるかもしれない。

その際はページングファイルを一度無効にし、管理者権限で「mklink c:\swapfile.sys d:\swapfile.sys」と実行してシンボリックファイルを作成してから、再度ページングファイルを有効にする、という少々トリッキーな方法で対処するといいだろう。

 

補足: swapfile.sysについて
リンク先で紹介されている「swapfile.sys」がどういうものかよく分からなかったので、後日調べてサイト内に解説ページを作成しています。
swapfile.sys は何のためのファイルか?どういう役割を果たしているのか?

あとがき

Windows8はいろいろ文句を言いたくなるような実装になっているけれど、もう「こういうものなのだ」と納得して使うしかないのかなあ、と思うようになってきました。
ハイバネーションやページファイルは有効にして、高速スタートアップは無効にして利用するのが一番問題が発生しにくいのかも。