このページについて

「スタートメニュー右クリック」または「Win+Xメニュー」に、コマンドプロンプトを復活させる方法を紹介したページです。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Windows 10 Creators Update では、「Win+Xメニュー」(スタートメニュー右クリックで表示されるメニュー) から「コマンドプロンプト」が消え、かわりに「Windows PowerShell」が表示されるようになっています。

Creators Update の Win+Xメニュー
Windows 10 Creators Update の Win+Xメニュー
▲クリックで拡大

このページでは、この「Win+Xメニュー」にコマンドプロンプトを復活させる方法を紹介しています。

コマンドプロンプトを復活させると以下の図のようになります。
「Win+Xメニュー」にコマンドプロンプトを復活させる方法
▲クリックで拡大
以下、その手順の紹介です。

ちなみに

最初に少し脱線します。
タスクバーの検索ボタンに「cmd」と入力すれば、今まで通りコマンドプロンプトは利用可能です。
タスクバーの検索ボタンに「cmd」と入力
▲クリックで拡大
ここで右クリックすれば、管理者として実行やタスクバーやスタートメニューへのピン留めも可能になっています。

この手順では使いにくい、従来のように Win + Xメニューにコマンドプロンプトが欲しい、という場合は以下の手順を実行します。

コマンドプロンプトをWin+Xメニューに表示させる方法

まず設定メニューを開きます
設定メニューを開く
▲クリックで拡大
設定メニューを開いたら「個人用設定」を開きます。

「個人用設定」が開いたら「タスクバー」を選択します。
コマンドプロンプトを Windows PowerShell に置き換える
▲クリックで拡大
表示されたメニューに「[スタート]ボタンを右クリックするか Windows キー + Xキーを押したときに表示されるメニューで、コマンドプロンプトを Windows PowerShell に置き換える」というメニューがあるので、その設定を「オフ」にします。

これで「Win+Xメニュー」に「コマンドプロンプト」が復活します。
「Win+Xメニュー」にコマンドプロンプトを復活させる方法
▲クリックで拡大

ただし、「コマンドプロンプト」は復活しますが、代わりに「Windows PowerShell」が消えてしまいます。

手順は非常に簡単なのですが、この手順では「Windows PowerShell」と「コマンドプロンプト」両方を Win+Xメニューに表示されるのは無理なようです。

このページの情報は以上です。

サイト内関連ページ

以下、このサイト内で紹介している Creators Update へアップデートする際に注意すべきポイントや、アップデート後に戸惑いやすい変更点です。

注意すべきポイント

戸惑いやすい変更点