2015.01.22: 古くなった情報を 全面的に修正しました。

インターネットからダウンロードしたファイルなど、チョット怪いファイルを単品でウィルスチェックできるWebサービスを紹介したページです。

ウイルスチェックできるWebサービスは、反応が重くなりがちで、時間帯によっては殆ど反応しないサービスもあります。
複数のサイトをブックマークしておいて、利用したい時にレスポンスの軽いサイトを選ぶようにするのがベストかと思います。

Virustotal
Virustotal
チェックできるファイルサイズは、最大で64MBです。
URLを入力し、Webサイトの安全性もチェックできます。
Avast!、AVG、Bitdeffender、ClamAV、Panda など、50種類以上のアンチウイルスソフトで分析してくれます。

Dr.Web Send a suspect file
Dr.Web
ファイルスキャン、URLチェック、Webサイトオーナー用ブログパーツ
この3つのサービスが存在します。
2015年1月現在、女性キャラのアイコンがファイルのチェック、男性キャラのアイコンがURLのチェックです。

Metascan Online
Metascan Online
40以上のエンジンでスキャンしてくれます。
AVG、Avira、BitDefender、ESET、Kaspersky、McAfee、Symantecなど。
各種ウイルススキャンエンジンの最終更新日も表示されています。

Jotti's malware scan
Jotti's malware scan
20以上の検知エンジンでスキャンしてくれます。
AVG、Avira、BitDefender、Dr.WEB、ESTE、Kaspersky、PANDA、Symantec、TREND MICROなど。
検出結果画面には、各種セキュリティーベンダの企業ロゴも表示されるので、どのメーカーの検知エンジンで反応したのかが分かりやすい仕様になっています。

Wepawet
Wepawet
個別ページのURLと、ファイルのアップロードに対応しています。
分析に非常に長い時間がかかります。
結果表示が少し分かりにくいですが、「benign」というメッセージが表示されれば、そのサイトは安全です。

このページの情報は以上です

サイト内関連ページ
リンク先URLの危険性を無料でチェックできるWebサービスまとめ

おまけ (インストールタイプのオンラインスキャン)

HouseCall Trendmicro
HouseCall Trendmicro
トレンドマイクロが提供する ウイルススキャンツールです。
オンラインスキャナですが、PCにインストールするタイプのツールです。
他のセキュリティツールとコンフリクトを起こす事がまずないので、セカンドオピニオン的な利用が有効です。