Windows 7 64 bit どこで区切る?

   「 Windows 7 64 bit 」

どうでもよいお話だけど、この単語をどう区切るかが国によってけっこう違うことを発見。英語圏の人でも、国によって違ったりするみたいです。なんか興味深かったので、記事にして見ます。

発見したキッカケ
  Windowsの64bitと32bitで何が違うの?どっちを買えば良いの?
このページが時々海外からもアクセスを頂いているようで、気になってアクセス解析をしているウチに見つけました。

「 Windows 7 64 bit 」 ←国によってスペース区切りに特徴が現われる

調査にはGoogle Insights for Searchを利用。

この調査にはGoogle Insights for Searchを利用しました。

Google Insights for Search
▲ Google Insights for Search

Google Insights forSearchは、Googleの提供するWeb検索における人気度を「検索クエリ」、「地域」、「期間」、「カテゴリ」などを指定して調査できるWebサービス。 使い方次第で色々なデータを入手出来るので、サイト運営者の方はチェックしておきたいサイトです。

 

以下、このGoogle Insights for Searchの地域別人気度グラフを利用した結果です。

「Windows7_64bit」 で検索した場合

マップ
▲「Windows7」 「64bit」という検索キーワードは、日本でしか使われていないようです。

他の国ではVistaの時代に64bit版が普及しちゃったの?
それとも64bit版のWindows自体に興味がないの?

と、色々と変な推測をしてしまいましたが、違ったようです。

「Windows_7_64_bit」で検索

検索マップ2
▲「Windows」 「7」 「64」 「bit」とそれぞれの単語に正しくスペースを空けると、非常に多くの国で検索されることが分かります。英語・ロシア語圏の国ほとんどに色が付きました。

「Windows7」・「64bit」とくっつけちゃうのは日本だけって事ですね。

例外国? 「Windows7_64_bit」

検索マップ3
▲「Windows7」 「64」 「bit」として検索すると、日本・ドイツ・インドの3カ国が濃い色に。とりあえず、「Windows」と「7」をくっつける国は日本・インド・ドイツのみらしいです。

ドイツ語は英語と殆ど同じ文法の言語なんですが、何故かWindowsと7をくっつけるんですね。そして英語圏のはずなんだけど、インドだけはWindowsと7をくっつけるんですね。
不思議!

ラテン系民族はこの単語に興味がないのか?

スペイン・ポルトガル・フランス語圏の国には、何故かWindows関連のキーワードでの検索結果が非常に少ないです。
「ひょっとしてWindowsは別の名前でリリースされているのか?」
って調べたけれど、そんな事もなかったです。 ⇒(ポルトガル語WikipediaのWindows項目)

ラテン系の人はPCの事なんかは あんまり気にしていないみたいですね。

 

言語学とかまったく詳しくないので、何故こんな結果が出るのか解らないのですが、なかなか興味深いです。