このページについて

MM FontReportsは、PCにインストールしてあるフォントの一覧を簡単に表示・確認が行えるフリーソフト。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2017.07.08: ダウンロードリンク修正、Windows10での作動確認

2011.01.16: 初出


MM Font Reportsは Windowsマシンにインストールしてあるフォントの一覧を、簡単に表示・確認が行えるフリーソフト。 プリンタからの出力にも対応しています。 インストールに特別な手順も必要なく、操作も簡単です。

フォント一覧表示フリーソフト:MM Font Reports
▲MM Font Reports

MM Font Reports概要

ライセンス: フリーソフト
公開サイト: むぅもぉ.jp(サイト消失)
http://muumoo.jp/down005.shtml
ダウンロード: MM Font Reports - Vector
対応OS: Windows 2000/XP
※Windiws 10/8.1/7 でも作動する
その他作動条件:

インストール

インストールする必要なし。
ダウンロードしたファイルを解凍し、任意のフォルダに移動させ実行すればOK。

補足説明

Windows 10で「.NET Framework 3.5」がインストールされていない場合、初回起動時に以下のようなダイアログが起動する。
.NET Framework 3.5がインストールされていない場合
▲クリックで拡大
「この機能をダウンロードしてインストールする」を選択すると、自動的に.NET Framework 3.5がインストールされ、MM Font Reportsが作動するようになる。

使い方

ダウンロードしたファイル内にある「FontReports.exe」をダブルクリックするとMM FontReportsが起動する。

フォントの一覧を表示させる方法
▲クリックで拡大
(1)または(2)で出力するフォント選択。
(6)でフォント一覧をモニタに表示。 細かい調整は(3)(4)(5)

出力結果

フォント一覧表示するフリーソフト:結果
▲こんな風に一覧表示されました。
2バイト日本語文字の用意されていない海外フォントの場合、日本語部分はOSのデフォルトフォントが適用されます。半角英文字が用意されていない日本語フォントの場合、半角文字の部分は空欄になります。

プリンターから出力する・ファイルに保存しておく

フォント一覧表示結果を保存・出力
▲出力した一覧結果は、ファイルとして保存したり、プリンタから出力できたりします。
ツールバーの「ファイル」から、目的のコマンドを選択すればOKです。

名前を付けて保存した場合、リッチテキスト(.rtf形式)で保存されるので、Wordなど別のアプリケーションで開く事も可能です。