Avidemuxのインストール方法と日本語化を解説したページです。
Avidemux の概要ページはこちら。Avidemux の使い方はこちら。

Avidemuxはmp4,flv,mkv,avi,mpeg等、様々な形式の動画を編集できるフリーソフトです。簡単なカット編集だけでなく、動画の連結や拡大縮小、字幕の焼付け、ノイズ除去、明るさや色補正など様々な処理も可能になっています。

ダウンロード

公式ページ: Avidemux - Main Page
 ダウンロードページ

日本語化ファイル: TiltStr::不定期版: Avidemux - 日本語言語ファイル

ダウンロードしたファイル
ダウンロードしたファイル 日本語化ファイル
▲Avidemuxインストーラと日本語化パッチファイル
Windows版のAvidemuxは、32bit版と64bit版でインストーラーが異なっています。以下、64bit版Windows用(Ver2.6.7)を利用して手順紹介します。

インストール方法

Avidemuxはクセのないインストーラーが付いているので、慣れている人は特に迷う所はありません。インストーラーの指示に従い、数回クリックしていけばインストールは終了します。

※Avidemuxは、インストーラーを実行すると「発行元の確認できないファイル」として、PCから警告が表示される場合があります。
セキュリティ上の警告
セキュリティ上の警告
▲「実行」をクリックします。

続いて、PCへの変更の許可を求めてきます
PCへの変更の許可
▲「はい」をクリックします。

インストーラーが起動しました。
Avidemuxのインストール方法
▲クリックで拡大
「NEXT」をクリックして、インストールを進めます。

使用許諾書の画面が出ます。
Avidemuxの使用許諾書
▲クリックで拡大
ライセンス形態についての説明が書かれています。
AvidemuxはGNU GPLで保護されたフリーソフトです。
ライセンスに同意して利用できる場合は「I Agree」をクリックして先に進みます。

コンポーネントを選択します
コンポーネントを選択
▲クリックで拡大
通常は何も設定を変更せず「NEXT」をクリックすればOKです。

補足

Avidemuxには、本体ファイルの他に複数の動画や音声コーデック、AviSynthなどのインストーラーが付属しています。
付属ファイルの中身が分かる人は、必要なファイル・不要なファイルを選別してチェックを入れなおします。

オプションの選択
オプションの選択
▲クリックで拡大
[デスクトップにショートカットを作成するか]・[スタートメニューに登録するか]を選択します。
お好みでチェックを入れて[Next]をクリックします。

スタートメニューへの登録
スタートメニューへの登録
▲クリックで拡大
ここでスタートメニューに登録する際のグループ名を決定します。
通常は変更する必要はありません。[Next]をクリックします。

インストール場所の決定
インストール場所の決定
▲クリックで拡大
プログラムをどこに保存するか、を決定します。
通常は変更する必要はありません。
(上記画面では、インストール場所をEドライブに変更しています。)

重要
ここで[Next]をクリックすると、実際にインストールが始まります。

インストール中
Avidemuxのインストール方法
▲クリックで拡大
緑色のプログレスバーが右端まで進めばインストールは終了です。
[Finish]をクリックしてインストーラーを終了させるとAvidemuxが起動します。

Avidemuxの日本語化

※注意: Avidemuxを終了させた状態で行いましょう。

TiltStrさんのAvidemux日本語化ファイルをダウンロードし、解凍します。
Avidemuxの日本語化
▲クリックで拡大
上記は7-zipを使って解凍している所です。解凍ソフトは何を使っても構いません。

解凍して生成された[i18n]フォルダを、Avidemuxのインストールフォルダに上書きすればOKです。
Avidemuxの日本語化
▲クリックで拡大

日本語化終了
日本語化終了
▲クリックで拡大
Avidemuxを起動すると、各メニューが日本語化されているのが確認できます。

関連ページ

 ・Avidemux の概要ページ
 ・Avidemux の日本語化・インストール方法 (このページ)
 ・Avidemux の使い方