2014.11.17: 登録カテゴリーの変更
2014.07.20:
  hiberfil.sysと高速起動に関するリンク
  pagefile.sysの適切なサイズに関するリンクの2件追加
2014/11/13: Microsoftのリンクが切れていたので修正。

Windows8系で やや問題視 されているお話。
私自身もちょっと混乱してきたので、軽くメモを取っておきます。

  1. Windows8の高速スタートアップが効かない問題
  2. 再起動時に、勝手に前回起動の状態に復元されてしまう
  3. インストールDiscからの「システムの復元」が出来ない問題
  4. 外付けHDDの中身が消えてしまう問題
上記のポイントを別問題として抑えておかないと、色々混乱してしまう。

Windows8の高速スタートアップが効かない問題

ハイバネーション(hiberfil.sys)や、ページファイル(pagefile.sys)を無効にしていると発生する?

  • Windows8/8.1の高速ブートに関する誤解について(SSDも使っているのに…、ほかの人より起動が遅いなど感じている方いませんか?) - 自作PCの道楽
    • 以下の場合、Windows8の高速スタートアップは効かない
      • ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にしている
      • ページファイル(pagefile.sys)をゼロにしている
      • どちらか一方を行っていても、Windows8の高速スタートアップは効かない
      • Windows8無印の頃からの仕様。
    • システムにSSDを使っているから容量が勿体ない・・・とハイバネーションや、ページファイルを無効にしていると、高速スタートアップの恩恵は受けられない。
  • Microsoftの資料1
    Windows 8 でお届けする高速な起動 - Building Windows 8 - Site Home - MSDN Blogs
    • 高速スタートアップとhiberfil.sysの間には密接な関係がある事
    • ドライバーの初期化自体は高速スタートアップでも十分な事
    • PCのハード構成を変更した際には完全シャットダウンが必要な事
  • Microsoftの資料2
    64 ビット バージョンの Windows 用の適切なページ ファイル サイズを確認する方法
    64bit版Windows8系の「pagefile.sysの最適な大きさ」はどれくらいかを解説したページです。機械翻訳に加え、原文も非常に難解です。
    • Windows 8 / Windows Server 2012 以降には「自動メモリ ダンプ」機能が実装されている。
    • Windows8以降は、pagefile.sysの最小サイズはクラッシュダンプの設定に依存する。
    • Windows8.1の、初期ページ ファイルやクラッシュ時の専用のダンプ ファイルの最小サイズは 1024MB。(つまり、pagefile.sysにはこれプラスアルファが必要と考えられる)
    • 通常利用する場合は、2048MB程度に設定しておけば問題ない感じ?(推奨は実メモリと同じ量と思われます)
    • ページファイルは最大で
       ・実メモリの3倍
       ・4096MB
      このどちらか大きい方まで利用される可能性がある。
    • と言う事で、pagefile.sysを1024MB以下(もしくは無効)に固定している場合は、起動時に何らかの不具合が生じるかもしれない?

再起動時に、勝手に前回起動の状態に復元されてしまう

Windows8.1 update1で、ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にしていると発生する。

  • 結構重要かも?Windows8.1 update1インストール後は再起動の動作が変わった?!!(現在ソース未確認) - 自作PCの道楽
    • Windows8.1 update1以降の問題。
      ハイバネーション(hiberfil.sys)を無効にしてはいけない。
      • レジストリの値を変更するような操作をしても、再起動で元に戻ってしまう。
      • 勝手に前回起動の状態に復元されてしまう感じ?
  • 私のPC環境では、Windows Updateの際も前回起動の状態に復元されてしまいます。。。
    • hiberfil.sysやpagefile.sysは、有効にして利用しています。
      設定変更後、PCの再起動を行い、設定が反映された事も確認しています。
    • 2014年5月、7月のWindows updateで発生。
      (5月・・・IPv6の無効化したのにupdate後に戻ってしまった)
      (7月・・・ページファイルの大きさを変更したのに戻ってしまった)
    • Windowsの設定を変更し、Windows updateの前に、完全シャットダウンを行わなかった部分が巻き戻っている感じ。
    • Windows update自体は適用されている。

インストールDiscからの「システムの復元」が出来ない問題

Windows8.1 Update1 で新たに発生した問題。
これは仕様なのか?

外付けHDDの中身が消えてしまう問題

 

余談: で、swapfile.sysって何?

Windows8で新たに生成されるようになったシステムファイル「swapfile.sys」は、モダンアプリのメモリ管理・スワップ管理を行うシステムファイルのようです。

サイト内の詳細ページ
Windows 8 の「swapfile.sysは高速起動に使われる」は間違った情報のようです('Α`)

swapfile.sysに関するTipsと参考リンク

個人的なメモ書きになりますが、
swapfile.sysは、シンボリックを作成すれば別ドライブに移せるらしいです。

参考リンク
~インストールから設定・活用まで~ すべてが分かるWindows 8大百科 (39)第5章 Windows 8を支える機能たち - ハイバネーションで高速スタートアップを実現 その2 | マイナビニュース

リンク先の引用

ホストドライブをSSDへ換装しているユーザーは、同ドライブへの書き込みが気になるかもしれない。

その際はページングファイルを一度無効にし、管理者権限で「mklink c:\swapfile.sys d:\swapfile.sys」と実行してシンボリックファイルを作成してから、再度ページングファイルを有効にする、という少々トリッキーな方法で対処するといいだろう。

 

補足: swapfile.sysについて
リンク先で紹介されている「swapfile.sys」がどういうものかよく分からなかったので、後日調べてサイト内に解説ページを作成しています。
swapfile.sys は何のためのファイルか?どういう役割を果たしているのか?

あとがき

Windows8はいろいろ文句を言いたくなるような実装になっているけれど、もう「こういうものなのだ」と納得して使うしかないのかなあ、と思うようになってきました。
ハイバネーションやページファイルは有効にして、高速スタートアップは無効にして利用するのが一番問題が発生しにくいのかも。