Microsoftの資料「Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について」その1

Microsoftの資料ページの解説です。Windows8では、NTFSボリュームの構成やログファイルの構成がアップグレードされ、以前のWindowsのはNTFSディスクの互換性がなくなっています。

Microsoftの資料「Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について」その1

はじめに
このページは、以前に紹介したMicrosoft TechNetの
Windows 8 volume compatibility considerations with prior versions of Windows -TechNet Articles -United States」に、どのような内容が書かれているか?を紹介したページです。

上記リンク先を要約すると
  • Windows8以降、NTFSのファイルシステムがバージョンアップしていて、Windows7以前とは互換性がなくなっているよ。
  • Windows7以前と互換性を保つためには、一定の条件・操作を満たす必要があるので注意してね。

という内容になっています。

※上記リンクについての補足
以前、上記リンクの情報先を「Windows8の「外付けHDDのファイルが消えちゃう問題」の原因ではないか?」と紹介していましたが、外付けHDDのファイルが消える問題はこれが直接的な原因では無いようです。

 

以下、かなりの文章量になったので、数回に分けて更新する予定です。

関連ページ
「Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について」
 ・その1 (このページ)
 ・その2 
 ・その3 

 

まずこのページでは、「Windows8/8.1 とそれ以前のWindowsでは、何が違っていて、どういう問題が発生しているのか・・・・?」という部分にスポットを当ててみます。

以下、リンク先の翻訳です。

はじめに

Windows8は、ブート構成やNTFSのボリューム構成が変更されています。
 ・外付けのNTFSドライブを利用した場合
 ・PC上に複数のOSをインストールした場合
これらの場合、いくつかの注意が必要です。

補足:ブート構成の変更(高速スタートアップ)は、Windows8リリース当初から有名なお話ですが、NTFSのログファイル構成が変更された事は(日本国内では)あまり知られていません。

問題が発生した背景は何か?

  • Windows8は「ハイブリッドブート」(高速スタートアップ)により、高速な起動が可能になりました。
    サイト内の高速スタートアップの解説ページ
    これにより、完全なシャットダウンが不要な状況では、今までよりも早い起動が可能になりました。
  • Windows8では、ログファイルの I/Oカウントを減らすために(従来のように)NTFSの仕様で作動しています。
  • この方法は、予期せぬシャットダウンなどが発生した場合でも、ディスク上のメタデータ構造の一貫性を確保することができます。
    (補足: NTFS のジャーナリングファイルシステムについて)
  • そしてログファイルを今まで以上にI/Oカウントを減らすため、ログの書き込み方法を変更する必要性が産まれてきました。その結果、フォーマットの変更を行い、LFSのバージョンは1.1から2.0にアップグレードされました。

上記の要点

Windows8の(ストレージ関連の)大きな変更点
 ・「ハイブリッドブート」(高速スタートアップ)の採用
 ・LFSのバージョンアップ(1.1から2.0)
 ※LFS=ログファイルシステムのバージョン(NTFS Log File structure)

  • この2つの変更により、OSのパフォーマンスが向上した一方で、幾つかの問題も発生するようになりました。
  • 主な問題点
    • 特定の構成で、複数のバージョンのWindowsをインストールしたDiskが、正常に起動できなくなる。
    • 外付けのNTFSドライブを(XP/Vista/7など)以前のWindowsと共用するとchkdskが走る場合がある。
      (NTFSボリュームにLFS の互換性がなくなった)

Windows8の、ストレージ関連の変更点と問題の詳細

  • 上記で述べたように、Windows8はファイルシステムの変更で、NTFS Log FileのI/Oカウントの減少と、それに伴うシステムパフォーマンスの向上および省電力化を行う事に成功しました。
  • しかしその一方で、この新しいログフォーマットは以前のWindowsと互換性がなく、古いWindowsでは認識できません。それ所か、以前のWindowsではNTFSボリュームが「不正である」と記録を残してしまいます。
  • この「不正な記録」がトリガーとなって、OSの次回起動時にはchkdskが起動してしまいます。そして、不正と認識されたログファイルやファイルシステムはクリアされ、整合性のとれる状態に戻されます。
    • Microsoftの対策
      (XP/Vista/7など)以前のWindowsに新しいLFS2.0を持ったNTFSディスクをマウントするのを防ぐ為に、Windows8ではNTFSボリュームに新しいロジック(仕組み)を付け加えています。
    • 「完全なシャットダウン」や「再起動」、「リムーバブルディスクの安全な取り外し」を行った場合は、LFS2.0のNTFS ボリュームは完全にマウント解除されます。
      • この時、NTFSはログファイルやファイル構造やログファイルのバージョンなどを(以前のWindowsでも読み込み可能なように)「ダウングレード」を行います。
      • これによって、Windows8から「きちんと取り外された」NTFSボリュームは、以前のWindowsでも正常に作動します。
  • 補足情報
    USB 外付けストレージは、ほとんどの場合でキャッシュポリシーを「クイック削除(既定)」で利用してください。
    クイック削除(既定)
    ▲クリックで拡大
    この状態ならば、ファイル構造やバージョンナンバーはWindows8上にマウントした際でもアップグレードはされず、(LFSのバージョンは1.1のまま) 以前のWindowsと互換性を保ったまま利用できます。
    • ただしこの方法が有効なのは、「ホットプラグ」扱いで利用できるメディアに限ります。

このページのまとめ

Windows8で、NTFSボリュームの構成やログファイルの構成がアップグレードされ、以前のWindowsのNTFSボリュームと互換性がなくなっている。
正しい手順で取り外さなければ、次回起動時にchkdskが作動し、壊れていると判断されたログファイルはクリアされ、整合性がとれる状態に戻される。

次回に続く。
関連ページ
「Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について」
 ・その1 (このページ)
 ・その2 
 ・その3 



次のページへ
前のページへ
Microsoftの資料「Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について」その1
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> HDD/SSDの互換性など
Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について-その3
Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について-その2
Microsoftの資料「Windows8以降とそれ以前のWindowsの、Diskの互換性とその注意事項について」その1
Windows8で外付けHDDを認識しない、一定条件で外付けHDDのファイルが消えちゃう問題

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2014/11/20(2014年11月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8