(古い情報)Windows Updateで不要な更新パッチを除外してみるテスト(Windows7)

クリーンインストールした Windows7 を Windows Update で最新の状態にする際、IE8の修正パッチや.NET Framework 4 、4.5 など、不要と思われる更新プログラムを除外してみたテスト。

Windows Update,ie8,.net4などについて。

(古い情報)Windows Updateで不要な更新パッチを除外してみるテスト(Windows7)

2016.09.25: IE8ではIE11がダウンロードできなくなっている旨を追記。

2016.06.25追記

このページとほぼ同じ内容で、さらに新しいページがあります。↓
Windows7 SP1 クリーンインストール直後のWindows Update (どのKBを先入れすると時間がかからなくて済むか? 2017年1月)

以下、古い情報です。

 

Windows7のWindows Update関連。
ちょっと駄文。メモ的な更新です。
また検証時期がやや古く、今となってはチョット役に立たない箇所があるかも・・・・?という内容ですm(_ _)m
※この検証は、2016年2月9日~2月20日頃に行ったものです。
KB3125574をはじめとするロールアップパッチは検証に含まれていません。

 

本文

クリーンインストールした Windows7 を Windows Update で最新の状態にする際、IE8の修正パッチや .NET Framework 4 、4.5 など、不要と思われる更新プログラムを除外してみた。

Windows7無印のSP1化 直後の Windows Update
不要と思われる更新プログラムを除外
▲クリックで拡大
最初の220個くらいある更新リストから、
 ・IE8の修正パッチ
 ・.NET Framework 4 、4.5関連
これらの更新パッチを探し、チェックを外してみる。
※「名前」をソートすれば簡単に見つかる。思ったより少ない。

.NET Framework 4 、4.5 ・・・・・ 最新の4.6.1があれば不要 (3.5系は必要)
IE8 ・・・・・ IE11があれば不要

.NET Framework 関連のWindows Updateは結構時間がかかるので、30~40分くらい時間短縮できないかな?と淡い期待をしてみる。
IEの更新やアップグレードも時間がかかるので、こちらもある程度の時間短縮が期待できる。

結論

IE11 と .NET Framework はスタンドアローン インストーラーを利用して、Windows Updateより先に手動でインストールしちゃうのが良い感じでした。
IE11 ダウンロード
2016年9月現在、IE8ではダウンロードできなくなっています。Google Chromeなど別ブラウザを使うか、事前にダウンロードしておきましょう。
対処方法 → IE8でIE11がダウンロードできない (2016年9月版)

.NET Framework 4.6.2 ダウンロード
※検証した時は4.6.1 が最新でしたが、2016年8月現在は4.6.2が最新です。

Windows Update画面であれこれとチェックを外しても、Windows Updateの設定を「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」にしてると、勝手にインストールされる。
(最初の200個超の更新は数回の再起動が必要なため、再起動時にチェックが入るためと思われる)

以下、個別の検証内容の紹介です。

はじめに注意

個別の更新プログラムを手動でインストールしようとした際、「準備中」の段階から先に進まなくなる問題がよく発生します。

上記ページ後半で紹介している「「手動インストール」も時間がかかる場合」などの項目を参考に、「Windows Updateサービスを一旦停止する」「Windows Updateの設定を「確認しない」にする」などの措置を行った後に手動アップデートするのが無難です。

以下、個別のテスト内容

このテストはVMware上の Windows 7 Enterprise評価版にて行っています。

ゲストOSの設定
OS: x86 Windows 7 (SP1化した所でスナップショット作成)
CPU 4コア (4.2Ghz)
メモリ: 3GB
ストレージ: HDD 60GB (単一、7200rpm)

不要なパッチのチェックを手動で外した場合にかかった時間

まず、不要パッチのチェックを手動で外して (.NETやIE11の先入れは行わず) 更新してみた結果

更新の確認ボタンを押す→リスト表示 70分・・・・変わらん
全部ダウンロードする時間 30分・・・・・変わらん(※平均20Mbps出る回線)
最新の状態まで 3時間 0分 ・・・・変わらん
合計 4時間 40分

全部Windowsにお任せしてアップデートした時と ほとんど変わらん結果になりました・・・・

しかも、しれっとインストールされとる・・・・

Windows Updateの設定を更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」にしてると、.NET Framework 4 、4.5はチェックを外していても、(更新中に何度かPC再起動させているうちに)しれっと入り込んできます。。。
不要と思われる更新プログラムを除外
▲クリックで拡大
こりゃダウンロードやインストール時間に違いが出ない訳だ。
チェックを外すだけでは次回のWindows Updateでインストールされちゃう。
(※.NET Framework 4がWindows Updateでインストールされるのは Windows7無印から(推奨設定で)アップデートする時のみ。インストールDVDにWindows7 SP1を利用する場合は 勝手に入ってくる事はなかった。)

何度か試してみたけれど、.NET Framework 4は、再起動の度に不要パッチのチェックを外したり、非表示設定にしても全然防げない。この方法は使えない。

検証方法の変更。
先に .NET Framework 4.6をインストールしてみる

今度は必要なパッチを先にインストールしてみる作戦に出る。
Windows Updateを当てる前に、以下をインストールしちゃう。
.NET Framework 4.6.1 ダウンロード

.NET Framework 4.6.1 インストール中の画面
.NET Framework 4.6 インストール中 .NET Framework 4.6は普通にインストールできます。
▲クリックで拡大
全くWindows Updateしていない Windows 7 SP1 でも、.NET Framework 4.6.1は普通にインストールできます。
※注:Windows7無印に4.6.1はインストールできない。

最初のWindows Update
最初のWindows Update
▲クリックで拡大
「更新の確認」は65分。ほぼ変わらず。
(※タスクマネージャーの時計は70分。最初5分はPC放置してた)
更新プログラムの数は209個。SP1のDVDを使った時と同じ数。
Windows7無印からSP1化した場合、通常は220~230個くらい(この個数は2016年02月現在)

※上記の補足
2月9日以降、7~8回ほど 200個超のこの Windows Update 作業を繰り返しているけれど、更新の確認が70分を切った事は無かったので、ほんのチョットだけ早くなる感じ?

 

最初の200個超の 更新プログラムのリスト
.NET Framework 4.6.1インストール後
▲クリックで拡大
.NET Framework 4.6.1の修正プログラムが現れ、
.NET Framework 4と4.5の更新プログラムが消えました。
あとはIE8の修正プログラムのチェックを外せばOK

更新ファイル全部ダウンロード終わるまで27分。
更新ファイル全部ダウンロード終わるまで27分。
▲クリックで拡大
普通にWindows Updateした場合でも25~30分かかる。2~3個ファイルを減らしたくらいでは通常と変わらない。
※ダウンロードの終了は、通知領域のWindows Updateアイコンとタスクマネージャーの転送量で判断できる。

シャットダウンで更新プログラム適用する
更新ファイル全部ダウンロード終わるまで27分。
▲クリックで拡大
・・・・・ん? 更新プログラム209個・・・?
(3個チェック外したから206個の筈なのに)

とりあえず、ここから最新の状態になるまでアップデートとシャットダウンor再起動を繰り返していきます。

更新にかかった時間 (.NET Frameworkの先入れ)

更新の確認ボタンを押す→ リスト表示 65分
全部ダウンロードする時間 27分
最新の状態まで 2時間 25分
合計 3時間 57分
先入れしなかった場合よりも30~40分早く終了した。

IE11先入れについて

IE11を先に入れた場合、IE8の修正パッチ除外が不要になり、アップデートにかかる時間も30~40分早くなった。
ただし、IE11を個別にダウンロードしてインストールする作業も結構時間がかかり、手元のPCでは25~30分くらいかかってしまった。

  • 余計な更新プログラムを入れなくて済む、という点で精神衛生上はメリットがある。
  • 手間とかかる時間で考えると、大きなメリットは感じられなかった。

 

まとめ

とりあえず IE11と最新の.NET Frameworkを先にインストールしておいた方が、40~60分ほど早く更新が完了する感じ。
更新回数や更新適用のシャットダウン or 再起動も2回ほど少なくて済むようです。
 ・.NET Frameworkの先入れは特に有効。
 ・IE11の先入れは気持ちの問題?手間と時間短縮にはメリット少なめ

またWindows Update中の挙動も安定しているように感じました。
※と言いつつも更新中の安定度なんて「体感レベル」のあてにならない情報

注意事項

私はこの1週間の間に このアップデート作業を7~8回繰り返し、勘所を押さえた上で検証しています。このページの検証では、Windows7 SP1 を最新の状態に持って行くまでに4~5時間度しか掛かっていませんが、通常はもう1~2時間は余計にかかると思っておきましょう。

このページの情報は以上です。



次のページへ
前のページへ
(古い情報)Windows Updateで不要な更新パッチを除外してみるテスト(Windows7)
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> Windows Update関連
過去の「月例別」Windows Update トラブル対処方法まとめページ
Windows 7 の Windows Updateが終わらない場合の対処法:簡易版
Windows7のWindows Updateが終わらない、遅い、進まない問題の解決方法
Windows Updateトラブル情報の、かつての「最新情報」過去ログ

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/09/25(2016年08月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8