2015年3月のWindows Update後、*.exeファイルが削除・駆除されてしまう問題(Pandaが原因)

2015年3月11日のWindows Update以降、一部のPC環境で「*.exeファイルがセキュリティソフトに削除・駆除されてしまう」という現象が発生していた模様です。これは、Windows Updateが原因ではなく、Panda Cloud Antivirus が原因だった模様です。

2015年3月のWindows Update後、*.exeファイルが削除・駆除されてしまう問題(Pandaが原因)

2015年3月11日のWindows Update以降、一部のPC環境で「*.exeファイルがセキュリティソフトに削除・駆除されてしまう」という現象が発生していた模様です。

これは、Windows Updateが原因ではなく、Panda Cloud Antivirus が原因だった模様です。

現在は、既に修正パッチが配布され、検疫されたファイルを回復するソリューションが自動的に適用されているようです。
公式サポートページ Panda Cloud Office Protection ,Panda 2015 製品での不具合に関して

 

余談

ちなみに、修正パッチがリリースされる前は以下の注意文が掲載されていました。
Panda Cloud Office Protection ,Panda 2015 製品での不具合に関して
「コンピュータを再起動しないようにしてください」、「但し、コンピュータを再起動してしまうと、そのソリューションが反映されなくなりまた起動しなくなる恐れがあります。」などの注意文が添えられていますが、この注意文に気が付かずに再起動しちゃった人はどれくらいいるんでしょうか・・・?

さらに余談

修正パッチがリリースされる前の対処手順の紹介ページ(英文)
Information regarding an issue with the signature file in Panda Cloud Office Protection, Retail 2015 and Panda Free Antivirus



次のページへ
前のページへ
2015年3月のWindows Update後、*.exeファイルが削除・駆除されてしまう問題(Pandaが原因)
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> セキュリティ時事ネタ
Windows 10/8.1ではサードパーティーのアンチウイルス製品を避けるべき?
2016年10月11日からWindows7+IE11+古いFlash Playerは使えなくなる
多くのWi-Fiルーターに脆弱性が発覚: 2015年10月~2016年4月(タイトル変更)
IEでWebページの広告が勝手に変わる・英語の無関係な広告が出る問題に遭遇中

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/03/13(2015年03月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8