このページについて

使えなくなる、というのは大袈裟ですが、2016年10月11日以降、Windows7 SP1 の IE11 では、古いバージョンの Flash Player は大幅に利用が制限されます。

 プライバシーポリシー / 免責事項

表題通り・・・・というとちょっと大げさになりますが、
2016年10月11日以降、Windows7 SP1 の IE11 では、古いバージョンの Flash Player は大幅に利用が制限されます。

参考URL
Blocking out-of-date Flash ActiveX controls on IE11(英語)
Windows7+IE11+古いFlash Player
リンク先はMicrosoftのEdge開発チームが投稿したブログです。

ざっくり意訳

2016年10月11日以降、我々は「古い Adobe Flash Player」を含む「旧式のActiveX」のブロックを拡大します。
この変更により、古い ActiveX コントローラーがロードされた時、IE11は警告を出すようになります。

 

対象バージョン

  • Adobe Flash Player version 21.0.0.198
  • Adobe Flash Player Extended Support Release version 18.0.0.241

※ Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows 10は (Flash Player が Windows Updateで自動的に更新されるため) この変更の影響は受けません。

意訳ここまで。

という感じで、古いFlash Player が完全に使えなくなるワケではないようですが、古いFlash Player や ActiveXが呼び出されるたびに 警告ダイアログが表示され、IE11の使い勝手が非常に悪くなるようです。

終了するFlashは他にもある

ちなみに、2016年9月29日には 一部の管理者バージョンが、10月11日はFlash Player 18系の拡張サポート版も終了するようです。
Adobe Flash Playerの配布 | Adobe
Flash Playerの拡張サポート版、2016年10月11日をもって廃止に  スラド IT

IE11の古いFlashのサポート終了は、これらAdobeの終了アナウンスに伴い実行されるもの、と考えるのが妥当でしょうか。ともかく、何か特別な理由がない限り、Flash Playeは最新の状態にアップデートしておきましょう。

注意喚起: 古いFash Playerは脆弱性だらけ

2016年 現在、「ドライブ・バイ・ダウンロード」で実行される超悪質なウイルスにPCが感染する原因の9割以上が Flash Playerの脆弱性を突いたものです。

参考リンク

参考:ドライブ・バイ・ダウンロードについて

 

以前からFlash Playerの脆弱性はウイルスの標的になりやすかったのですが、この2年間でその傾向はさらに強くなったようです。

Windows 7 で IE11 を利用している場合、ユーザーが手動で定期的にFlash Playerをアップデートする必要があります。最低でも月1回、Windows Updateを行った後くらいのタイミングで、Flash Playerの更新を行うようにしましょう。

サイト内 関連ページ