IE9で、Yahoo!トップページなどMS Pゴシックでフォント指定されたサイトも含め、全てのサイトを強制的にメイリオに変更する方法の紹介です。

このページではIE9の「ユーザー補助」の項目を利用して、表示するフォントを強制的に変更する方法を紹介しています。これだけでピンと来た人は、以下の解説を読む必要はほとんどありません。

IE9のフォント指定を強制的にメイリオに変更する方法

IE9のインターネットオプション
▲クリックで拡大
IE9のURLバー右端のツールボタン(歯車) >「インターネットオプション」をクリックします。

IE9のフォントをメイリオに強制
▲クリックで拡大
(1)「全般」タブをクリック
(2)「フォント」ボタンをクリック
(3)「Web ページ フォント」をメイリオに指定
(4)「OK」ボタンをクリック
上記でブラウザの標準フォントがメイリオに変更されます。
しかしこれだけでは、全てのサイトを強制的にメイリオで表示する事は出来ません。

続いてオプション画面上で、以下の手順を行います

IE9のフォントをメイリオに強制2
▲クリックで拡大
(1)「全般」タブをクリック
(2)「ユーザー補助」ボタンをクリック
(3)「Web ページで指定されたフォントスタイルを使用しない」にチェック
(4)(5)「OK」ボタンをクリック

これでYahoo!トップページを含め、全てのWebサイトがメイリオで表示されるようになります。

MS Pゴシックのままでも良いけど、文字間隔だけどうにかしたい場合

IE9はClearTypeフォントでサイト表示することを前提に文字間隔の調整がされているため、MS Pゴシックで表示されるサイトの一部は、他のブラウザと比較するとやや見難くなっています。

そういったサイトをMS Pゴシックのまま閲覧したい場合は、「互換表示」設定を有効にすると従来と同じ文字間隔で表示する事が可能です。

しかし、MSゴシックを指定している全てのサイトでこの現象が発生しているわけではなく、何か発生条件がありそうです。UTF-8 + MS Pゴシックなサイトがダメっぽい感じです。現在サイトの書式を色々と変更しながら調査中。。。

 

関連エントリー