2016.11.08: 「注意:「ディスクの管理」の結果を信用しすぎない」の修正。

Windows 10/8.1/7 のシステムドライブがGPTなのか、MBRなのか?
Windows が UEFI 起動しているのか、レガシー BIOS 起動しているのか?
これらを見分ける方法を紹介したページです。

確認方法その1

通常はこの方法で確認します。

「msinfo32」と入力し、「システム情報」を起動します。
Windows10がUEFIでインストールされているか確認
▲クリックで拡大
「システム情報」起動手順:

これで表示される画面から、Windowsの作動モードを確認する事ができます。

確認結果

確認方法その2

システムディスクが「GPTか?」「MBRか?」だけを確認できればよい、という場合は、「ディスクの管理」を起動して以下のような操作を行ってもOKです。

※「ディスクの管理」起動方法

  • Windows7の場合
    「スタート」>「コントロール パネル」>「システムとセキュリティ」>「管理ツール」>「コンピューターの管理」>「ディスクの管理」
  • Windows 10/8.1の場合
    「スタート」右クリック >「ディスクの管理」
  • その他
    スタートメニューの検索欄に「ディスクの管理」と入力してもOK
 

「ディスクの管理」上での操作
「GPTか?」「MBRか?」ディスクの管理で確認
▲クリックで拡大
Cドライブが入っている「ディスク0」を右クリックして「プロパティ」を選択します。

MBRディスクの場合
MBRディスクの場合
▲クリックで拡大
MBRディスクの場合、「マスター ブート レコード (MBR)」と表示されます。

GPTディスクの場合
GPTディスクの場合
▲クリックで拡大
GPTディスクの場合、「GUID パーティション テーブル (GPT)」と表示されます。
ただし、PCが起動しなくなり、自力で復旧した経験がある場合は、以下の事にも注意しておきましょう。

注意:「ディスクの管理」の結果を信用しすぎない

  • Windows を「GPT形式でインストール」して「UEFI起動で利用していた」場合でも、以下のような例に注意です。
    1. UEFI の Windows が起動しなくなる。
    2. ネット上の復旧手順 (ただしレガシーBIOS時代の手順)を実行する
    3. レガシーBIOS時代の手順では上手く起動しなかったので、別の復旧手順を実行する
      (中途半端に復旧させた所から、自動修復やスタートアップ修復を2回行う、などの手順を実行する)
    4. システムがGPTディスクなのにレガシーBIOSブートなWindowsが出来上がる
    追記修正
  • このようなPCが出来上がってしまった場合の注意点
    • 通常利用では問題が起きる事はありません。
    • しかしその後、PC設定の変更を行う場合は注意しましょう。
    • システムのバックアップや、Windows回復環境などが正常な作動をしなくなる場合があります。
    • 「自分のPCはレガシーBIOSで起動している」「CドライブはGPTである」この両方を把握し、書籍やネット上の情報がそのまま自分のPCには当てはまらないケースが出てくることを忘れないようにしましょう。

まとめ

「WindowsのシステムがUEFI起動しているのか、レガシーBIOS起動しているのか?」を確認したい場合は、「ディスクの管理」の結果だけではなく、「確認方法その1」の「msinfo32」の結果も確認するようにしてください。

サイト内 関連ページ