Google Chrome でJavascriptを無効にする方法って案外面倒臭いんですね。。。
という事でちょっとメモ。

Google Chrome でJavascriptを無効にする手順

Google Chrome でJavascriptを無効-手順1
▲クリックで拡大
Chrome 右上の[設定]ボタン>[設定]をクリック

手順2
▲クリックで拡大
メニューの一番下にある「詳細設定を表示...」をクリック

手順3
▲クリックで拡大
中段の「プライバシー」をクリック

手順4
▲クリックで拡大
[Javascript]>「すべてのサイトに対してJavascriptの実行を許可しない」にチェックを入れる

 以上。

他のブラウザに比べると、かなり面倒ですね(^_^;

 

Javascriptの有効/無効を簡単に切り替えられる拡張機能

これ便利でした!
 Chrome ウェブストア - jsoff
Google Chromeで上記ページにアクセスすれば、簡単にインストールできます。

JavaScriptのON・OFFを一発切り替え「jsoff」
JavaScriptのON・OFFを一発切り替え「jsoff」
初めて拡張機能をインストールしたい場合は、こういうページを経由した方が直感的にインストール出来るかもしれません。

jsoff
▲jsoffをインストールすると、サイ(トリケラトプス?)のようなボタンが追加されます。

jsoffの使い方
▲後はこのjsoffのボタンをクリックするだけでJavascriptの有効/無効が切り替えられるようになります。
Javascript無効の時は、アイコンに「Zzz..」マークが付いていて、Javascriptの有効/無効がひとめで分かります。

 

あとがき

私の場合
 ・Google Chrome ・・・サイト管理用・普通のブラウジング
 ・firefox ・・・・ Javascript無効でブラウジング
 ・IE10 ・・・・ 作動確認とお買い物用
ってな感じでブラウザを使い分けていたので、「Google Chrome でJavascriptを無効にしよう」って考える事が殆どありませんでした。
jsoff便利ですね。もっと早く導入していれば良かったです(^_^;