VMware PlayerにCentOS導入。練習用Webサーバーを構築2

ContOSのネットインストーラーを起動させ、まずは必要最低限のファイルを入手。まだインストール前の下準備の段階です。

VMware,Centos,インストールなどについて。

VMware PlayerにCentOS導入。練習用Webサーバーを構築2

前回の内容:VMware Playerにて仮想マシンの作成
今回の内容:CentOSのインストーラーを起動し、インストールの下準備を行う。
初めてチャレンジする人にはここが一番分かり難い所かも。

手順3 VMware PlayerでCentOSのネットインストーラー起動

以下、仮想PC上での作業から抜け出したい時はCtr+Altキーを押す。

仮想Linux機起動
▲仮想Linux機が起動した。
この段階では前回選択したネットインストーラーが作動しているだけで、本チャンのインストーラーが起動している訳ではない。

[F1]~[F5]キーで色々とオプションが選択出来るが、私はまだ良く分かっていないのでそのまま「Enter」を入力しセットアップに入る。

インストーラーの言語選択
▲インストーラーの言語選択
通常はEnglishを選択。日本語を選択してもインストーラー側で用意されていないので警告が表示され強制的に英語表示が選択される。

キーボードの選択
▲キーボードの選択
日本語キーボードを利用しているならjp106を選択

CentOSインストール
▲インストール方法を聞いてくる。
最初にネットインストール用ISOを選択しているのでFTPを選択。

ccc
▲IPv4とIPv6の設定
解らないうちはお任せにしちゃう。

FTPサーバー指定
▲FTPサイトとディレクトリを指定。ここから探す
以下CentOS 5.5 64bitの場合のURI
ftp site name→ ftp.riken.jp
CentOS directory→Linux/centos/5.5/os/x86_64

30分待ち
▲IMGファイルをダウンロード中。ここで暫く待ちます。
混雑する週末・夜9~10時頃は30~50分待ち。

CentOSインストール画面
▲ようやくCentOSのインストール画面が現れた。
ここから先は日本語表示&GUIが使えるので、作業は非常に楽チン&分かりやすい。

しかし、本当に時間がかかるのはここからなのだ。。。
 つづく



次のページへ
前のページへ
VMware PlayerにCentOS導入。練習用Webサーバーを構築2
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


サイト内おすすめページ
スポンサー リンク

 

関連記事(ぜんぶ見る>> 仮想化ソフト
VMwareにWindows10をGPTインストールする時のおまじない
VMwareをUEFIブートさせる、BIOS画面を出す、CDブート、USBブートする方法
小さいけど十分便利。ISOなどを仮想ドライブにマウントできるツール WinCDEmu
VMwareで仮想プリンタが使えなくなった場合の対処方法-その2

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2011/01/10(2011年01月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)

スポンサーリンク


このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8