このページでは、無料で使えるOfficeの代替ソフト「LibreOffice」のインストール方法を紹介しています。

公式サイト:LibreOffice
ダウンロードページ(安定版):LibreOffice安定版 | LibreOffice

2014年10月現在、ダウンロードページは、以下の位置にあります。
ダウンロードページ
▲クリックで拡大
最新版、安定版、好きな方を選んでリンクを選択します。

安定版を選択した場合、ダウンロードリンクは以下の場所になります。
ダウンロードリンク

 

前準備

LibreOfficeのインストーラーは、一部の常駐ソフトと相性が悪くなっています。
インストール前に、なるべく常駐ソフトを終了させて起きましょう。
特に、iTunes をインストールしている場合は、出来るだけ事前に終了させておく事をオススメします。

実際のインストール手順

実際のインストール手順
▲ダウンロードした「LibreOffice_X.X.X-secfix_Win_x86.msi」をダブルクリックします。

すると、インストーラーが起動します。
インストーラーが起動
▲クリックで拡大
[次へ]をクリックします。

セットアップの種類を訊ねられます。
セットアップの種類
▲クリックで拡大
通常は[標準]を選択すればOKです。
[次へ]をクリックします。

インストール時のオプションを選択します。
インストール時のオプションを選択
▲クリックで拡大
上記のボックスは、自分の好みに合わせてチェックを入れます。
[次へ]をクリックします。

ここでUACが反応します。
UACが反応
▲クリックで拡大
PCに変更の許可を与える必要があるので、[はい]を選択して下さい。

インストールが開始されます。
インストール開始
▲クリックで拡大
暫く待ちます。

一部の常駐ソフトを停止するよう求めてきます。
一部の常駐ソフトを停止
▲クリックで拡大
LibreOfficeのインストーラーが更新を必要とするファイルが使用中だった場合、このようなメッセージが出る事があります。
常駐ソフトを終了させましょう。

常駐ソフトは、タスクマネージャーを利用して終了すればOKです。
常駐ソフトは、タスクマネージャーを利用して終了
▲クリックで拡大
1. タスクマネージャーを起動し、
2. [プロセス]と[詳細]タブから問題のタスクを探し
3. 右下の[終了]ボタンで終了させます。

常駐ソフトを終了させたら、インストーラーのダイアログに戻って[再試行]をクリックします。

引き続きインストールが進みます。
引き続きインストールが進む
▲クリックで拡大
しばらく待ちます。

無事インストールが終了すると、以下の画面になります。
無事インストールが終了
▲クリックで拡大
[完了]をクリックします。

最後にPCの再起動が必要になります。
最後にPCの再起動が必要
▲クリックで拡大
[はい]をクリックしてPCを再起動させましょう。

以上でLibreOfficeのインストール手順の紹介は終了です。