DVDFab 9でエラーが出る場合・インストール出来ない場合の対処方法

DVDFab 9およびDVDFab HD Decrypterでエラーが発生したり、変換できない・作動しない・起動しない・上手く変換できない場合などの対処方法を記載したページです。

DVDFab,9,エラーなどについて。

DVDFab 9でエラーが出る場合・インストール出来ない場合の対処方法

DVDFab 9およびDVDFab HD Decrypterでエラーが発生したり、上手く変換できない場合、作動しない場合などの対処方法を記載したページです。心当たりのある項目があったら、DVDFabまたは常駐ソフト、同時起動しているソフトの設定を変更してみましょう。

※注意事項
2013年3月~5月頃に調査した項目も含まれています。最新バージョンでは解決している問題も含まれている可能性があります。

 

対応策その1: 最新版をダウンロードしてみる

公式サイト:DVDFab

その2: 相性問題の確認


  • 一部の常駐ソフトと相性が悪いです
    • DVDFabと相性の悪いソフト一覧
      • AnyDVDなどの光学ドライブ用のドライバや常駐ソフト
      • サイバーリンク、Roxioなどのライティングソフト
        (DVDFab 仮想ドライブをインストールすると解消する場合があります)
      • Daemon Toolなどの仮想ドライブ管理ソフト
        (DVDFab 仮想ドライブをインストールすると解消する場合があります)
      • VMwareなど仮想PCソフトを起動している場合も、光学ドライブの読み込みや書き込みでエラーが出る場合があります。
        (ゲストOS側、ホストOS側、両方で光学ドライブの挙動がおかしくなる。これも仮想ドライブのドライバが競合している感じです)

動画変換が途中で止まる・エラーが出る

  • 2層式DVDを[フルディスク]でコピーするとエラーが出る
    またはディスクコピーに失敗する

    • 一部のDVDは[フルディスク]でコピーできません。
      [クローン]モードでコピーできる場合があります。
    • 設定画面のPathPlayerを無効にしてみる
      PathPlayerを無効
      ▲クリックで拡大
      DVDFabの設定画面を開き、DVDの項目の[PathPlayer]を[有効]から[無効]に変更(またはその逆)を実行してみましょう。
      コピー元のDVDによっては、この設定を変更しないとエラーが発生する場合があります。
  • PCを再起動してみる
    • PCを再起動するだけで、DVDFabが正常に作動するようになる事があります。
    • 後述するハードウェア支援機能やDVDのライティングエンジンで、コンフリクト(競合)が発生している場合などは、これで治る場合が多いです。
      • コンフリクトの主な原因
        ・休止やスリープからの復帰が正常に行われなかった
        ・光学ドライブのドライバや常駐ソフトが複数存在している
        ・GPGPUを呼び出すソフトを複数起動している
  • ビデオカードのドライバが古い
    • ビデオカードなどのドライバを最新の状態にしてみましょう。
      DVDFab 9は、動画変換やプレビュー表示にビデオカードの機能を利用しています。ドライバが古いと正常に作動しない場合があります。
  • GPGPU (CUDA、AMD APP、IQSV)機能を有効にしている
    • ハードウェア支援機能のコンフリクト(競合)が発生している可能性があります。
    • DVDFabとWebブラウザ・動画再生ソフト・PhotoShopなど同時起動させないようにしましょう。
    • 複数のソフトを起動する場合は、GPGPUが有効になっているソフトは一つだけになるよう、各ソフトを設定し直しましょう。
      DVDFabのGPGPU設定
      DVDFabのGPGPU設定
      ▲クリックで拡大
      どうしてもエラーが治まらない時は、右上の歯車マークから設定画面を開き、上記の操作でエンコーダーとデコーダーの設定を「ソフトウェア」に変更してみましょう。
      (DVDFabの再起動が必要になります。)
  • 色んな動画を一気に変換している
    • AVI/MP4/FLV/Mpeg2など、異なる規格の動画を一気に変換しようとする場合も、(稀にですが)ハードウェア支援機能がコンフリクトする感じです。
    • この問題は、DVDFab 9のGPU設定(エンコーダーかデコーダーどちらか一方)を無効にすると解消するようです。
    • また、動画のフォーマットごとに別々に変換すれば、GPU支援が有効なままでも上手く変換出来るようになります。
    • 今後のバージョンアップで解消されるかもしれません。

 

DVDやBDディスクを読み込まない

  • スリープや休止を多用している
    • DVDやBDをPCに挿入したままスリープや休止状態にした場合、復帰後にDVDFab 9がディスクを正しく認識出来ない場合があります。
      一旦PCを再起動してみましょう。
  • DVD-RやBD-Rからコピーしようとしている
    • コピー元のディスクが、「ファイナライズ(クローズド)されていないDVD-RやBD-R」などの場合、DVDFab 9は書き込み用のDiscが挿入されたと勘違いし、ディスクの解析をスタートしない場合があります。
    • これもPCを再起動する事で解消される場合があります。

変換は最後まで進むけど、ファイル出力に失敗する(最後の方でエラーが出る)

  • ファイル名やフォルダ名に日本語を使わないようにする
    ファイルやフォルダに日本語名が使われていると、正常に保存できない場合があります。
  • DVD-RやBD-Rの状態を確認してみる
    出力先のディスクが、既に別のデータが書き込まれたDVD-RやBD-Rだった場合、DVDFab 9で正常にデータ出力出来ない場合があります(DVD-RWやBD-REの場合、上書きされる事もあります)
  • 保存先を変更してみる
    保存先が初期設定(マイドキュメント内)のままだと、一部のPC環境では動画の保存ができない場合があります。
    出力ディレクトリの位置
    ▲クリックで拡大
    出力ディレクトリの位置を、マイドキュメント以外の場所に移動させましょう。
  • 作業ディレクトリも変更してみる
    DVDFabでDiscコピーを行う場合、HDDやSSDドライブに非常に大きな空き容量が必要になります。
    容量不足になると、DVDFab9はファイル出力を途中で停止します(エラーが出ない場合がある気がする。。。)
    一時フォルダの変更
    ▲クリックで拡大
    データ保存用にDドライブが用意されているPCを使っている場合は、作業ディレクトリもデータドライブに移動してみましょう
  • HDDの断片化を解消してみる
    デフラグソフトで保存先ドライブにデフラグをかけてみましょう。
    保存先にHDDを利用している場合は、ディスクの断片化状態が保存速度に大きく影響します。
    (個人的におすすめのデフラグソフトはMyDefrag)

ライティングできない・ISO ファイルの作成が出来ない

  • 試用期限が切れていないか確認しましょう。
  • HDD/SSDの空き容量をチェックしてみる
    • HDD 容量が足りない場合、DVD-RやBD-Rに書き込む前に処理が止まったりします。またISOファイルは作成されなかったりします。ディスクの状態をチェックして見ましょう。
      (BD作成の場合は100GB、DVD作成の時は17GBの空き容量が必要です。)
    • ディスクシステムがFAT32の場合は、4GB以上のファイルは作成できず、エラーが発生し、途中で処理が止まります。
  • ライティングソフトの相性問題
    PC環境によっては、前述したサイバーリンク、RoxioなどのライティングソフトとDVDFabの間でと相性問題が発生します。
    • ライティングソフトが常駐している場合、解除してみる
    • 複数のライティングソフトをインストールしている場合は、不要なライティングソフトを削除してみる。
    • レジストリに登録されているライティングソフトを確認してみる→確認方法を解説したページ「DVD・BDドライブを認識しない、エクスプローラーにもドライブ表示されない時の対処方法
      ※上記ページ内の手順を実行する際、削除したキーに含まれるソフトは正常に作動しなくなるので注意して下さい。

インストール出来ない・起動できない場合

  • 古いPCを使っている/XPを使っている
    • OSにXPを利用し、PC自体も古い場合、DVDFab 9やDVDFab 8Qtは正常に作動しない場合があります。
    • XP + AMD製CPU(Athlon / Sempron /Duron)の環境で利用している人に、この不具合は多いようです。
    • 公式サイトのダウンロードページには、古いPCでも作動する古いDVDFabが残っています。
      DVDFabのダウンロードページ
      ▲クリックで拡大
      2013年7月現在は、上記の位置から古いバージョン(DVDFab 8.0.8.5)のダウンロードが可能です。
      (ライティングエンジンが異なるため、DVDFab8QtやDVDFab 9との共存は出来ません)
  • 古いバージョンのDVDFab を使おうとしている
    • 逆に、最新のPCやWindows7/8で古いDVDFabを使おうとする場合は、DVDFab本体やインストーラーを「互換設定」に変更する必要があります。
      DVDFab本体やインストーラーを互換設定に変更する
      ▲クリックで拡大
      DVDFab本体やインストーラーをXP SP3互換モードに設定してみましょう。
    • XPの場合でも、以下の操作が必要になる場合があります。
      DVDFab 8 Qtの互換性
      ▲「互換性」タブの「このプログラムでは詳細なテキストサービスを無効にする」にチェックを入れて利用してみましょう。
  • DVDFab8と、DVDFab8Qt以降の相性問題
    2011年頃の古いDVDFabをインストールした事がある場合は、古いVSO burning engineを一旦削除してみましょう(DVDFab8Qt以降は問題なし)
    VSO burning engine
    ▲古いVSO burning engineは、ドライバとしてWindowsにインストールされています。これが残ってしまっている場合は、新しいDVDFabは正常に起動しない場合があります。
    (削除すると古いDVDFabは正常に作動しなくなります)

その他: 操作手順を確認してみる

DVDFab9の挙動が不安定(エラーが出たり出なかったり、毎回挙動が違う場合など) な時は、以下の操作を試してみましょう。

  1. DVDFab 9を先に起動し、利用するモードに進んでから、DVD・BDを挿入してみる
    • 先にDVD・BDを挿入してからDVDFabを起動したり、[コピー]モードと[リッピング]モードを頻繁に変更していると、DVDFabの挙動がおかしくなる場合があります。
    • PCを再起動すれば治ります。
  2. 動画の変換設定を設定し直してみる
    • DVDFabで上手く変換できない場合
      ▲クリックで拡大
      「設定」画面を開き、「AVコーデック」欄デコーダ・エンコーダを「ソフトウェア」に変更してみましょう。
    • また、「ソフトウェア」<>「ハードウエア」で2~3度変更しDVDFabの再起動を繰り返すと、作動が安定する場合があります。

 

その他:「エラー100,101,102」など

多くの場合、DVDやBD、もしくは光学ドライブのピックアップレンズが汚れています。
Discとドライブ、両方の清掃をしてみる必要があります。

参考:
 DVDFabのエラーコード一覧

このページの解説は以上です。

サイト内の関連ページ

他のDVDコピーツールとの比較: DVD コピー フリーソフト まとめ
他のBDコピーツールとの比較: Blu-ray コピー・リッピングツールまとめ



次のページへ
前のページへ
DVDFab 9でエラーが出る場合・インストール出来ない場合の対処方法
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> DVDコピー・リッピング
ImgBurnのダウンロード・インストール・日本語化
BD(Blu-ray)ディスクもコピー可能。AnyDVD HDの使い方
操作不要なフリーのDVDコピーソフト:DVD43
DVD,BD,ISOなどをmp4に変換できるフリーソフト、handbrakeの使い方

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2014/07/29(2013年07月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8