AfterEffects CC、PremierePro CC、PowerDirector14、この3つのスタビライザー (手振れ補正機能) の違いや効果的な使い所をメモしたページ。手振れ補正機能は、3ツールでかなり違いが出ます。それぞれのツールで得意分野が違います。

ただし今回の更新は画像比較とか細かい手順解説とかなしです。

ことのはじまり

1.5mほどのやぐらを組んでもらいその上で撮影したら 三脚使ってもブレブレだったw
手振れ補正切って2時間 長回しした素材もある。どうしようwww

結論

AfterEffects と Premiere Proの違い

ほぼ同じツール、アルゴリズムの筈なのに、スタビライザーの効き具合が全然違う。Premiere Proの方が倍くらい強く効く。なんかパラメータが違う。

効き方の傾向は同じに見える。
単純にスタビライズするだけなら、どっちを使っても問題ない感じ。
モーショントラックや他の効果と連動させたい場合、複数トラックしたい場合などはAfterEffectsで。

ローリングシャッターが酷すぎる場合のメモ

AfterEffects でワープスタビライザーとローリングシャッター補正を別々にかけると多少マシになる。それ以上のブレは静止画出力してPhotoShopのブレ補正エフェクトで処理(多少マシになる程度)

 

長時間撮影した動画や、ブレがひどすぎる動画の場合

圧倒的に PowerDirectorの方が便利

  • PowerDirectorは長時間動画でも処理できる。
    PremierePro、AfterEffectsは 解析に時間がかかり過ぎる。
    • FHD素材の場合 1~2分の動画が限界。
      4K素材の場合20~30秒が限界。
    • 細かい調整や、レンダリング前に効果を確認したい場合はAfterEffectsやPremiereProを使う方が良いが、これらはスタビライズの処理に途方もなく時間がかかる。
  • ブレが極端に大きい場合
    • PowerDirectorは初期設定に任せてOK。
      ブレブレの動画でもなり良い感じにスタビライズしてくれる
    • PremierePro、AfterEffects はスタビライズが効きすぎてしまい、かなり手動調整が必要になる。
  • 極端な例
    • 例)クロマキー処理するため、グリーンバックで撮影。しかも手持ち撮影 (または移動撮影) した素材
      • 背景が均一な場合、PremierePro、AfterEffects は被写体を極力動かないようスタビライズする。
      • 結果、スタビライズの適用量が半端無い状態になる。FHD素材がSD素材レベルまで劣化したり、必要な部分まで切り取られたりする
      • PowerDirectorは 通常の撮影と同じレベルのスタビライズをしてくれた。

最近 PowerDirector を使う事が無くなったなあ・・・・と少々嘆いていたけれど、長時間撮影したぶれ動画の場合、PremiereProやAfterEffectsのスタビライザー機能は使い物にならないと知り、PowerDirector を持ってて良かったなあ、と思う今日この頃ですヾ(*´Д`*)ノ