このページについて

定期で記録しているWindows10の自動メンテナンスのメモです(10月10日時点の記録)。自動メンテナンス無効化などの対処方法などは冒頭のリンク先で紹介しています。

 プライバシーポリシー / 免責事項

定期で記録しているWindows10の自動メンテナンスのメモ。

はじめに

各種Tipsや対処方法はサイト内の別ページに記載しています。

自動メンテナンスを無効化する方法はこちら
Windows 10 の自動メンテナンスを無効化する方法/勝手にスリープ復帰させない方法

Windows10が重くなる原因と解消法はこちら
Windows10が重い、CPU使用率が高い、HDDのアクセスが100%になる原因(新版)

以下、このページは自動メンテナンスの個人的な観察記録です。
(有用な情報はほとんどありません)


関連更新


今回は、手元のPCで 10/10に発生した自動メンテナンスおよびその前後の記録を行っています。

10/10の自動メンテナンス時にタスクマネージャーを開いた所
自動メンテナンス中
▲クリックで拡大

 

前回メンテンス後に施した設定

今回(9/24~26)の自動メンテナンス実行時は、以下の (自動メンテナンスの処理が軽くなるのではないか?と言われている) 設定を施していた。

自動メンテナンスの処理が軽くなる設定

  • 設定 > プライバシー > フィードバックと診断 を開き、
     ・「フィードバックの間隔」 を「自動」以外にする。
     ・「診断データと使用状況データ」を「基本」にする。

今回、強力メンテナンスが軽い処理で済んだのは、この設定のお陰なのかどうか、まだ分からない。再び設定を戻してみる事にする。

 

Windows10のプライバシー設定を「推奨」や「基本」にしておくと自動メンテナンスの処理が必要以上に重くなる、という噂があったが、今回その「重い設定」にしてみたが全然軽かった。

プライバシー設定と自動メンテナンスの重さは関係ないのかもしれない。

やはり自動メンテナンスが「死ぬほど重い」のは、最初の1~2回だけなのかも・・・?

次回の「重めの自動メンテナンス」は10/20~10/24の間に発生すると予測。
次回も軽めの処理だったら、この辺で検証は切り上げようかな・・・・?
と思っているところ。

 

余談: タスクマネージャーの「スタートアップへの負荷」

タスクマネージャーを開いた所
スタートアップへの負荷
▲クリックで拡大

この「未計測」は、ひょっとして自動メンテナンスが実施されるタイミングで「低~高」に変化するのかな・・・?などと勝手に予測して、ちょくちょくタスクマネージャーを観察し、変化のタイミングを見極めようと楽しみにしていたが、、、、

気が付いたら状態が変わっていた(^_^;

状態変化後のスクリーンショット
状態変化後のスクリーンショット
▲クリックで拡大
数回ほど再起動を繰り返せば状態が変わるのか、「軽めの自動メンテナンス」で状態が変わるのか、よくわからない。とりあえず、「重い自動メンテナンス」でなくとも、この「スタートアップの負荷」の状態は変化する模様。

こんなトコを観察しても、何のメリットも無いよなあ・・・と思いつつ、最近は何だか気になった事は全部チェックしてしまう変なクセがついちゃってます(^_^;

 

その他:余談

10月3日のWindows Update (3回目のKB3087040)あたりのタイミングで「既定のアプリ」がリセットされ、かつ動画再生の諸々がスッカリ調子が悪くなってしまった。MPC-HCやMPC-BEで mp4 (h.264+AAC)の再生すらままならない状態。そしてなかなか直らない。ちょっとコレは閉口レベル。

このページの情報は 以上です。