このページについて

最近のIllustratorにはライブトレースという画像をアウトライン化する機能がついているのですね。。。

 プライバシーポリシー / 免責事項

Illustrator 8からCS5に移行して約3年が過ぎるけれど、今まで画像データをベクトル化してアウトラインを取る際は、ずっとAdobe Streamlineを使っていました。

Illustrator CS2以降、ライブトレースという機能が実装されたのでStreamlineは廃止されたのですね。。。。3年もの間、全く気が付きませんでした(^_^;

ライブトレースの使い方

ライブトレースはココから使う
ライブトレースはココから使う
▲クリックで拡大
[オブジェクト]>[ライブトレース]>[作成してライブペイントに変換]を選択する。

テキトーな画像で試してみる
テキトーな画像で試してみる
▲クリックで拡大
今回はcrystal disk markのスクリーンショットで試してみます

結果
ライブトレースはココから使う
▲クリックで拡大
「作成してライブペイントに変換」を指定すると、サクっとアウトラインを取る事が出来ました。

スポンサー リンク

トレース結果(拡大)
トレース結果
▲クリックで拡大
なかなか味のあるトレース結果です

トレースの精度、カラー変更
ライブトレースはココから使う
▲クリックで拡大
[オブジェクト]>[ライブトレース]>[トレースオプション]にアクセスすると、トレース時の設定を細かく調整可能です。
(今回のサンプルのような1ピクセル単位で解像が必要な素材は「誤差の許容範囲」を1px、「最小エリア」を3~5px程度にした方が良い結果が出ます。)

トレースオプションを設定すると、自動的にライブトレース化されてしまいます。アウトライン化したデータが欲しい場合、ライブペイントボタンをクリックします。
アウトライン化したデータが欲しい場合
▲クリックで拡大

アウトライン化できました。
アウトライン化完了
▲クリックで拡大
ちなみに上図は、カラーを64色、それ以外の設定はデフォルトで出力した状態です。