Windows 8.1 の KB2976978についてのお話です。

まえおき

長くなったのでページ後半に移動。
※「補足:KB2976978 について」がそれに該当
ページ後半には KB2952664/KB2976978削除バッチの紹介もあります。

本題

PC環境によっては KB2976978 がアンインストールできないケースがあるのは何故なのか?という更新です。

これについて るなおーびっと!しろみちさん のさんが検証を行い、以下のようなツイートをしています。




という事で、新しいインストールメディア には 最初からKB2976978 が含まれているため、そのようなメディアでOSをクリーンインストールしたWindows 8.1 では KB2976978 の完全削除はできない模様です。

テレメトリ以前のKB2976978に戻すことは可能か?

また しろみちさん のツイートはその後も続き、Windows10関連のテレメトリが入る以前のKB2976978に戻せる条件を紹介されています。しかし、Windows Update コンポーネントのクリーンアップタスクが走ってしまった後では元に戻すことすら難しいようです。





そしてこの後、しろみちさんは KB2952664/KB2976978削除バッチ を公開されています。(上記KB2976978 が完全削除できない環境ではKB2976978は残ってしまうので注意)

KB2952664/KB2976978削除バッチ

  • 公開ページ
    しろみち - ニコニコ大百科
    ページ中段「テレメトリ撃退バッチ」に該当のパッチが紹介されています。
  • 使い方
    コピーしてメモ帳などに貼り付け、拡張子「.bat」で保存、管理者権限で実行します。

補足:KB2976978 について

Microsoftのリンク: KB2976978

  • KB2976978は過去、Windows10への半強制的なアップグレードプログラムが含まれていた時期があります。
  • また現在も「互換性の向上プログラム」として PC内の一部情報を収集し、Microsoftに送信するプログラムが含まれています。
  • この二つの機能を嫌うユーザーの中には、KB2976978を削除しておこうと考える人が少なからず存在ます。
  • KB2976978は過去何度も不定期に繰り返し配信されており、KB2976978を完全に削除するには 何度も繰り返し (恐らく過去に配信された回数分だけ)アンインストールを繰り返す必要が出てきます。
  • しかし PC環境によっては、KB2976978 のアンインストールを何度 繰り返しても完全に消えないケースが発生する事が、ネット上のアチコチで報告されています。

今回の更新は、このように KB2976978を完全に削除することが出来ないケースはどういう理由で発生しているのか?を紹介した更新となっています。

このページの情報は以上です。