ローカルグループポリシーの「名前空間は、既にストア内の別のファイルのターゲット名前空間として定義されています。」を解消する

Windows10 TH2/RS1でローカルグループポリシーエディタ(gpedit.msc)を起動した時に発生する「名前空間'Microsoft.Policies.Sensors.WindowsLocationProvider' は、既にストア内の別のファイルのターゲット名前空間として定義されています。」エラーを解消する方法の紹介です

ローカルグループポリシーの「名前空間は、既にストア内の別のファイルのターゲット名前空間として定義されています。」を解消する

Windows10 Pro を TH1からTH2へアップグレードした後、ローカルグループポリシーエディタ (gpedit.msc) を起動した時に発生する名前空間 'Microsoft.Policies.Sensors.WindowsLocationProvider' は、既にストア内の別のファイルのターゲット名前空間として定義されています。」エラーを解消する方法の紹介です。

エラー画面
名前空間 'Microsoft.Policies.Sensors.WindowsLocationProvider' は、既にストア内の別のファイルのターゲット名前空間として定義されています。
これ、Windows10 バージョン1607 (RS1) になっても修正されないんですね(^_^;

エラー画面のメッセージ

名前空間 'Microsoft.Policies.Sensors.WindowsLocationProvider' は、既にストア内の別のファイルのターゲット名前空間として定義されています。

ファイルC:\WINDOWS\PolicyDefinitions\Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx、行5、列 110

 

以下手順は Windows10 RS1 で確認しています。
Windows10 TH2も同様の手順でエラーを解消できるはずです。
私の場合、TH2時代はなかなか時間が取れず、RS1にアップグレードした後でこのエラーを解消しました。

はじめに

  • エラーを解消するには、とても面倒くさい手順が必要です。
  • また このエラーが出ていても、ローカルグループポリシーエディタの作動にはほぼ支障は出ないと思います。
    (少なくとも手元のPCでは1度も問題は起きなかった。)
  • 完全に自己責任技です。
    できる人だけチャレンジしてみましょう。

用意しておくと便利なツール

  • Everything などのファイル検索ツール
  • 以下手順で操作するファイルは、とても面倒くさい階層にある。
    ファイル検索ツールを用意しておくのが無難。

覚えておく必要があるファイル操作方法(必須)

手順参考リンク

事前準備

UACを切っておく。

対処方法

以下1.~3.を行う。
心配な場合はシステムのバックアップを取っておく。少なくとも復元ポイントを作成しておく。いずれの操作も、事前にファイルの所有権をログインユーザーに移しておく。

  1. LocationProviderADM.admx と LocationProviderADM.adml を削除する。
    ※削除が怖い場合は別フォルダに避難
    • LocationProviderADM.admx の場所
      Windowsの内部バージョン毎に代わる。
      フォルダにWindowsのバージョン名が含まれるため、アップデートの度に変更されると思われる。
    • LocationProviderADM.adml の場所
      Windowsの内部バージョン毎に代わる。
      フォルダにWindowsのバージョン名が含まれるため、アップデートの度に変更されると思われる。
  2. Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx をLocationProviderADM.admx にリネームする。
    • ファイルの場所
      C:\Windows\PolicyDefinitions
    • Windows 10 1607 (RS1)の場合
      「LocationProviderADM.admx」は既に存在している。「Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx」は削除すればOKだった
  3. Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.adml をLocationProviderADM.adml にリネームする。
    • ファイルの場所
      C:\Windows\PolicyDefinitions\ja-JP
      ※Microsoftのサイトでは「C:\Windows\PolicyDefinitions\en-US」となっているが、日本語版Windowsの場合は異なる。
    • Windows 10 1607 (RS1)の場合
      「LocationProviderADM.adml」は既に存在している。「Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.adml」は削除すればOKだった

手順紹介はここまで。
ここまでの手順でローカルグループポリシーエディタはエラーなしで起動するようになるはずです。
あとはUACの設定を元に戻す事を忘れずに。

参考: 所有者を変更する方法

以下のコマンドでファイルの所有者は「TrustedInstaller」から「Administrators」に変わる。
※所有者が変わるだけ。読み取り許可/書き込み許可などは別途指定する必要がある。
※ LocationProviderADM.admx とLocationProviderADM.adml は、フォルダ名がWindowsのバージョン毎に代わるため省略します。

  •  takeown /F "C:\Windows\PolicyDefinitions\Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.admx" /A
  •  takeown /F "C:\Windows\PolicyDefinitions\ja-JP\Microsoft-Windows-Geolocation-WLPAdm.adml" /A

外部サイト参考リンク



次のページへ
前のページへ
ローカルグループポリシーの「名前空間は、既にストア内の別のファイルのターゲット名前空間として定義されています。」を解消する
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> 時事ネタ(RS1)
Windows 10 バージョン1607ではwushowhideは使えなくなってる・・・・かも?
メインPC (Windows10 RS1) のスリープ復帰失敗対策メモ: 2017年2月
メインPC (Windows10 RS1) のスリープ復帰失敗メモ: 2017年1月
KB3206632のダウンロードが止まる、KB3201845 でネットに接続できなくなる現象の再現実験 &強引な予測

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/08/30(2016年08月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8