Windowsに新しいユーザーを追加し、以前の環境(マイドキュメントの内容)などを引っ越しさせる手順のXP版です。

関連ページ(Windows 7/Vista版の解説)

1.新しいユーザー プロファイルを作成する

新しいプロファイルを作成するには、最初に新しいユーザーアカウントを作成する必要があります。(アカウントが作成されると、プロファイルも作成されます。)

  1. コントロールパネルを開きます
    コントロールパネル
    ▲クリックで拡大
    ユーザー アカウント」をクリック
  2. 「ユーザーアカウント」のダイアログが表示されます。
    ユーザーアカウントの追加
    • 「新しいアカウントを作成する」をクリックします。
       (管理者のパスワードまたは確認を求められた場合
        → パスワードを入力または確認情報を入力 )
  3. ユーザー アカウントの名前を入力
    ユーザー アカウントの名前を入力
    ▲新しいアカウント名を入力し、「次へ」をクリックします。
      ※アカウント名は半角英数字を使うのがお奨めです。
        (英語ソフトなどで不具合が出るのを防ぐ為)
  4. アカウントの種類を選びます。
    アカウントの種類
    「管理者」または「制限」、使用用途に合った方を選びます。
    「アカウントの作成」 をクリックすれば完了です。
  5. 以下の画面が表示されます。新しく作ったアカウントが表示されている事を確認しましょう。
    アカウント作成終了
    アカウントの作成は終了しました。ウインドウを閉じて、次に進みます。

2.ユーザープロファイルにアクセス出来るようにする

重要
この下に書かれた手順は、コピー先以外の、別ユーザーで行う必要があります。
(つまり、コピー元ユーザーにログオン出来ない場合は新しいユーザーを二つ作る必要があります。)
(また、バックアップに使う別ユーザーは、管理者として作成するのが無難です。)

重要2
この手順は、「コピー先」以外の別ユーザーで行います。
(ログイン可能ならば、コピー元ユーザーで行ってもOKです)

まずエクスプローラーを起動させます
フォルダーオプション
▲クリックで拡大
上部メニューバーから「ツール」>「フォルダーオプション」を選択します

フォルダー表示設定
▲フォルダの表示設定を変更します
1.「表示」タブに移動
2.「ファイルとフォルダーの表示」の
  「すべてのファイルとフォルダを表示する」の項目にチェックを入れます
3.「保護されたオペレーティングシステム・・・」のチェックを外します。
4.上部の「すべてのフォルダーに適用」ボタンを押します
5.下部の「OK」ボタンを押します
6.エクスプローラーを一旦閉じます

これで、コピーしたいファイルにアクセス出来るようになります。

3. 新しいプロファイルに、既存のプロファイルをコピーする

引き続き、コピー先以外のユーザーで行います。

1.エクスプローラーで、システム(通常はC)ドライブの
  C:\Documents and Settings\
を開きます。

2.その中の、「ログイン出来なくなったユーザー名」の付いたフォルダを開きます。
ユーザーデータの移動
▲クリックで拡大
NTUSER.DAT、NTUSER.DAT.LOG、NTUSER.INI以外の全てのファイルをコピーし、新しいユーザーのフォルダにペーストします。

4. 新しいユーザーにログイン

上記までの手順が終わったら、新しいユーザーにログイン出来るかどうか、確認します。
ログインできたら、マイドキュメントなどの内容が、キチンと反映されているか確認しましょう。

  • データ引越しの確認リスト
      ・マイドキュメントの中身
      ・メールのデータ・アドレス等
         (Windowsメールなどの場合は、別途データをインポートする必要があります。)
      ・インターネットブラウザのお気に入り設定
      ・MS-IMEなどの変換辞書
  • デスクトップやレジストリのカスタマイズ情報は、新しいユーザーには引き継がれません。

引越し元となったユーザーは、二度とログインする予定が無いのならば削除してもOKです。
古いユーザーの削除
削除すると、そのユーザーのプロファイル・個人データは全て消えてしまいます。
削除する前に、メールデータやブラウザのお気に入りなどが、全て引き継がれている事を確認しましょう。