(メモ)Adobe EncoreでBlu-rayオーサリングする際のファイル容量の目安

Adobe EncoreでBlu-rayのオーサリングをする際、ギリギリの容量に収めるコツが分かってきた。

(メモ)Adobe EncoreでBlu-rayオーサリングする際のファイル容量の目安

2015.07.28: CS6ではISOファイルの肥大化は起こらない事を確認したので追記

  1. Adobe Encoreで再変換されない設定でh.264ファイルを用意する。
  2. 用意する動画は複数本。合計で20~23GBくらい。
    BD-Rの容量ギリギリ。
  3. いざオーサリングしたら25GBオーバーしちゃう・・・

って事が度々あって困っていたんだけど、最近になってようやくギリギリの容量に収めるコツが分かってきた。

1タイトルあたり
 2時間のタイトル1本につき、容量が約1GB増える。
 30秒~2分ほどのタイトルでも、1本に付き400MB容量が増える。

例えば・・・
 2時間 10GB のタイトル1本・・・・オーサリングすると11GBになる
 2時間 8GB のタイトル1本・・・・オーサリングすると9GBになる
 30秒~2分 100MB のタイトル1本・・・・オーサリングすると500MBになる
計:(10+1)+(8+1)+(0.1+0.4) = 20.5GB

 

私がBD作る時は、大抵の場合が
 2時間強のコンテンツを2本
 2分前後のコンテンツを2~3本
の組み合わせなので、1時間程度のコンテンツを用意した場合にどうなるかチョット検証していない。

今まで、この辺の勘所が掴めずにいて、いつも5~6GB余裕を持たせていたんだよなあ。

その他注意
25BGのブルーレイを作る場合、
 ・キャッシュでさらに25GB必要
 ・音声部分が別途wav形式でキャッシュ作成されるので、10GBくらい必要
HDD/SSDの空き容量が60GB程度ではエラーが出てオーサリング完成しない。
作成速度重視でSSDドライブで作業するときは注意する事>自分

 

余談:DVDオーサリング
DVDオーサリングの場合も、Encoreを使うと200~300MBほど余分に容量を食いますねえ。DVDAuthorGUI-Jで4.7GB ギリギリに作成したビデオをEncoreで再DVD化したら、同じコンテンツ(無変換)なのに4.9GBになっちゃいました。

2015.07.28追記

このページで紹介したISOの肥大化は、Encore CS5にて発生する症状のようです。CS6を利用すれば、この問題は解決できるようです。

サイト内関連情報



次のページへ
前のページへ
(メモ)Adobe EncoreでBlu-rayオーサリングする際のファイル容量の目安
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> DVDオーサリング | adobe | Encore
フリーソフトでBDAV/BDMV規格のh264動画を作成する方法
multiAVCHDの使い方
(メモ)Adobe EncoreでBlu-rayオーサリングする際のファイル容量の目安
フリーの Blu-ray オーサリング ソフト: multiAVCHD

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/07/28(2013年03月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8