2015.08.19: ページ後半の「個人的なトラブル」の原因が分かったので情報追記
2015.07.20: ライセンス再認証がかかるPCについて追記
2015.07.16/19時: WebExなど一部のアプリで障害が出る旨を追記
2015.07.16/15時: ページ前半の構成を変更。KB3067505 に関する情報を追記。

2015年7月のWindows Updateに関するトラブルをメモしたページです。
注意:今月は 個人的なトラブルの症状と解決方法のメモがメインです。

  

参考: 他の月のトラブル情報

過去の「月例別」Windows Update トラブル対処方法まとめページ
2014年8月以降の記事をリスト化しています。
このサイト内の「過去の月例別トラブル情報」を確認したい場合、上記リンク先を利用してください。

はじめに

個人的なトラブルについて

その他のトラブル
(ネット上で拾ったもの。自身のPCでは発生せず)

  • WebExなど、一部のWebアプリで障害が出る模様です。
    一部のWebページ、Webサービスの利用に支障が出る場合もあり。
    • kb3069392犯人説が濃厚。
    • 一部のサードパーティー製ファイアーウォールで通信障害が出る可能性あり。
    • これらの障害の場合、Windows UpdateまたはWebアプリなどの修正パッチを待つ必要があります。
  • 2015.07.20追記分
    一部のPCで「ライセンス認証のリセット」がかかる場合がある

    現象としては7/15から確認されていましたが、ようやく有力な説、というか対象PCが絞れて来たようです。
    • 対象PCおよび原因
      • Windows Update エージェントが古いまま(手動更新しているPCでは更新されない場合がある)
      • もしくは
        Windows8 から8.1にアップグレードしていない(kb2871389を適用しない) PC
      • この場合、KB3067505が原因で「ライセンス認証のリセット」がかかる模様です。
    • ソース
      http://peace.2ch.net/test/read.cgi/win/1437191263/68

      68 名無し~3.EXE[]   投稿日:2015/07/19 18:01:57  ID:26By6/J3.ne(3)

      マイノリティのwindows8ユーザに今までの徒労のおすそ分け
       ・セキュアブートは切った方がいい
       エラーコード 0x800F0922で弾かれてたうpでファイル、切ったら入るようになった

       ・8で頑張ってる人は、当然8.1への強制うpで回避のためにkb2871389とか充ててないと思うが、
      その状態でKB3067505充てると、認証キーが壊れて認証を要求するようになる

      kb2871389を当てて(もしストアのレジストリ改変してたらストアも修復して)
      うpですれば最後までうまくいくが、8.1強制化避けられません
      結局、8ユーザは今回は見送った方がいいと思います

    • Windows8無印ユーザーは、Windows Updateしない方が良い・・・というか、そろそろ新しいPC環境に移行した方が良いかと思われます。
  • 2015年7月のWindows Updateでトラブルが発生した場合、(私の勝手な推測ですが)まずは以下をチェックするのが良いかと思います。
    • 各KBを個別インストールしたり、非表示設定などを行わない。
      • Windows Updateのインストール順が変わると、予期せぬ挙動が発生します。
      • しかし更新に失敗するPCの場合、先にKB3067505 を単独インストール、またはインストールしない、という方法で回避できる場合もある、との事です。
    • USBドライバ、LANドライバ、ストレージのコントローラーなどで不調が発生するPCはそれなりにあるかもしれません。
    • 既に脆弱性を突かれ、マルウェアに感染してしまっているPCは、Windows Update時にハングしたり、ブルースクリーンエラーが出るかもしれません。
  • またネット上の情報を読み漁った上での感触では、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」の更新に、異様に時間を取られるPC環境がある模様です。
    • 手元のPCでは確認出来ませんでしたが、通常月の1.5倍くらいの時間がかかると思っておいた方が良さそうです。
    • PCの状態によっては、ここでBSoD(ブルースクリーンエラー)や再起動ループが発生するようです。

トラブルの概要についてはここまで。
以下、手元のPCで発生したトラブルの解決方法や原因などを紹介しています。

手元のPCで観測したトラブルについて

  1. Windows Updateが始まらない
  2. Windows Updateが途中で止まる

いずれも (最近は多忙中だったこともあり) 4月30日頃から全くメンテナンスしていなかったPCで発生しました。また、この2台はいずれもVMware上の仮想PCです。

トラブル1: Windows Updateがはじまらない

オカルトチックな対処方法を別ページ「Windows Updateが始まらない時の(民間療法的な)対処方法」に記載しています。

2015.08.19追記:
根本的な解決ができました。
(2015年4月~8月版)Windows Updateがはじまらない、終わらない、失敗する問題
当初は私のPCのメンテ不足や実機側のストレージの接続方法が特殊だった事が原因だと思っていましたが、実際はKB3068708とKB3022345が原因で、Windows Updateを「手動確認する」にしていた場合、メモリ4GB以下の一般的なWindows7マシンは かなりの高確率でこの問題が発生していたようです(^_^;

トラブル2: Windows Updateが途中で止まる

2015.08.19追記:
こちらもKB3068708とKB3022345が原因だったようです。
(2015年4月~8月版)Windows Updateがはじまらない、終わらない、失敗する問題
私のPCのメンテ不足が原因かと思っていましたが、KB3068708とKB3022345が原因で、メモリ4GB以下のWindows7マシンはほぼ全てこの状態になっていたようです(^_^;

以下、発生当時のメモです。※原因が分かった後の注釈も入れています。

  • こちらもVMware上の仮想PCで発生しました。(OS Windows7)
  • 実機(Host PC/Windws7)の Windows Updateが済んだ後、ゲスト側で1番最初にアップデートを行ったPCで発生しました。
    • 後述しますが、ホスト側が原因でした。ホストPCに問題をかかえたまま仮想PCでWindows Updateを行い、問題が発生しました。
    • ※ゲスト機側で深刻なメモリ不足が発生し、VMware自体がハングしたのが原因のようです。

具体的症状:Windows Updateが途中で止まる
発症時のスクリーンショット
▲クリックで拡大
この状態で50~60分ほど、動きがなくなりました。
タスクマネージャーを開いてみてもCPU利用率0%の状態です。
コントロールパネルやデバイスマネージャをあれこれ開いてPCの状態をチェックしているウチに、PC(仮想側のみ)がハングしてしまいました。

VMware自体の終了も出来ません。
VMwareの終了が出来ない
▲クリックで拡大
どうやらVMware自体もハングしているらしく、Host PC(実機)側でVMwareを終了させる事すら出来無い状態になりました。ホストPCのタスクマネージャーから強制終了も出来ない常態になっています。

解決方法

解決方法というか・・・「結果的に解決しました」程度のモノです。

  • VMwareの終了が出来ず、実機の再起動もままならない状態だったので、ホスト側(実機)をリセットボタンで強制再起動した。
    その上でゲストPC(仮想PC)を起動し、Windows Updateを再開させた。
    • ゲストPCを起動すると、最初にWindows Update失敗のメッセージが出た。その後自動的にロールバック開始→自動的に再起動→その後は無事にVMware内の仮想PCでWindows Updateが実行できた。

原因は何だったのか

 Windows Update終了後に、ホスト(実機側)、ゲスト(仮想PC側)両方のイベントビューアを確認してみましたが、どうやらホスト(実機側)に問題が発生していたようです。

ホスト(実機側)のイベントビューア
ホスト(実機側)のイベントビューア
▲クリックで拡大
問題発生時のエラーログ
VMwareのゲストOS用に使っているSSD (Marvell 91xx SATA 6G Controller 接続) が、(通常利用しているのに) 何故かRAID接続と認識(?)されていて、延々とリセット信号が発せられていました。ストレージが無反応になっていたようです。

 

ホストPC側で直前に行ったPC操作は、
 1. 今月のWindows Update
 2. Windows10 enterprise版のto Go の利用(実機でUSBブートさせてみた)

このどちらかで、Marvell 91xx Controller の挙動がおかしくなっちゃったっぽい。

PC再起動後はイベントビューアにエラーログは記録されないようになったので、一時的なモノだとは思いますが、しばらく様子見しながらエラーの本当の原因を探る必要がありそうです。

 

2015.08.19追記分
実際の挙動は
 ・VMware上のWindows7がWindows Updateでメモリを全部食い尽くし、
 ・Cドライブにも大量のスワップが発生し、
 ・これらが原因でVMware自体もハングしたような状態になり、
 ・VMwareが実機側のストレージにリセット信号を送っていた
(そしてMarvell 91xx SATA 6G Controller 接続だったので、メッセージがRAIDっぽくなっていた)
というのが真相のようです。


あとがき&まとめ

今回のトラブルは、どうみても私のPC環境の固有エラーです(^_^;
問題の把握に時間がかかりましたが、これMicrosoft側のミスですね。
しかも、6月頃からアチコチのサイトで指摘があったにも関わらず、随分と長い間 問題が放置されていたようです・・・(^_^;

似たような症状が出ている場合はとりあえず、
 1. PC再起動
 2. またはPCの電源OFFおよびコンセント引っこ抜き5分放置
 3. 余分なUSB機器、周辺機器を取り外す。
 4. 心配な場合は、LANルーターなども再起動させておく。
 5. 復元等を利用したWindows ロールバックの後にWindows Updateのやりなおす
2015年8月15日あたりに修正されたらしく、今では3~4回Windows Updateを繰り返せば解消する問題となりました。

このページの情報は 以上です。

参考: 他の月のトラブル情報

過去の「月例別」Windows Update トラブル対処方法まとめページ