このページについて

エラー 0x80004005が表示され、Flash Player (KB3087040)のアップデートがができない問題について。緊急避難的な対処方法の記載あり。

 プライバシーポリシー / 免責事項
更新履歴 [ 全て表示戻す ]
2015.10.10: このページの情報は古くなっている旨を追記。

2015.09.23: ページタイトルを変更(内容そのまま)

2015.09.22: 初出


2015.10.10 追記注意
2015年9月末~10月初旬にかけて配信されたKB3093266およびKB3087040は、一部のPCで問題が発生していたようですが、その後何度か再配信され、問題は修正されています。
現在では、このページの情報は通用しない可能性があります。

追記終わり。
以下、古い情報です。資料としてお読みください。

スポンサー リンク


2015年9月22日、多くのWindows 10 環境にて Windows Update経由で Flash Player (KB3087040)が更新できない症状が発生しています。

問題発生時のスクリーンショット
問題発生時のスクリーンショット
▲クリックで拡大
エラー 0x80004005が表示され、IE用の Flash Player (KB3087040)がインストールできない状態になっています。

この件は、海外でも話題になっており、一定数のPCで発生している模様です。
また、現在の段階では原因および有効な対処方法は不明です。
(windowsupdate.comのサイトなどからインストーラーファイルを入手し、手動インストールは可能)

今回Flash Playerのアップデートについて

今回のFlash Playerの更新も脆弱性の修正がメインであり、一部の脆弱性は既に攻撃が確認されているという話もあります。可能な限り早急にアップデートを行いましょう。

どうしてもWindows Update経由でアップデート出来ない人用リンク

2015.10.10 追記注意:kb3087040は何度か再配信されています。以下リンクのkb3087040は古いものです。

先の海外Microsoftフォーラムで紹介されていた直リン。
以下ファイルを実行することで、手動でアップデート可能です。

その他の対処方法1

VMware内で稼働しているWindows10では、以下の対処が効果があった。

  • Windows標準のトラブルシュートを行う

その他対処方法2

実機(ASUS P9X79 Deluxeマシン)にて、以下の対処を行ったが、エラーは解消しなかった。

  • IEのアドオンを全て無効にする(要IEの再起動)
  • Windows標準のトラブルシュートを行う
  • OSのクリーンブートを行う(要再起動)
  • Windows Update コンポーネントのリセットを行う (要再起動)

という事で、今の所は先のリンク先からインストーラーを入手して手動インストールする以外に有効な手段は無いようです。

Flash Playerのバージョン確認リンク

  • 手動でインストールした場合は特に、無事インストールが成功しているかチェックしましょう
    Adobe Flash Player のバージョンテスト
    Flash Playerのバージョン確認
    ▲クリックで拡大
    version 19,0,0,185 となっていれば大丈夫です。

このページの情報は 以上です。

サイト内関連ページ