一部のTS形式の動画(TV放送の録画素材など)は、Windows7をSP1に更新すると、WMP12で再生できなくなったり、音が出なくなってしまったりという症状が発生しています。

Windows7 SP1 + WMP12でTSファイルを以前と同じように再生したい場合は、古いmfds.dllを入手し、Windowsのシステムファイルに上書きする必要があります。

手順

この手順は、いずれも自己責任でお願いします。
特に.dllファイルをネットから入手する場合は注意して下さい。

  1. mfds.dllの入手する
    • インストールDVDから探し出す
    • システムのバックアップがあればそこから探す(この方法がオススメ)
      • 探す場所:[C:\Windows\winsxs]
         ・mfds.dllが複数個見つかる場合は以下を利用
           ・286kb / ファイルバージョン 12.0.7600.16385
            MD5: 3809706eb1866f53abd0b1621b307cc0
    • ネットから入手する(ウィルスチェックを忘れずに!)
      • 64bit Windows7の場合
        http://www.windows7dll.com/win7-dll/download/?sys=x64_en&f=8994
          (リンク切れ)
        http://dllexedown.com/bbs/board.php?bo_table=12_seven64_eng&wr_id=1840&page=437
          (2012/08/04 本物であること確認:
           MD5: 3809706eb1866f53abd0b1621b307cc0)
        http://www.dllfiledump.com/mfds.dll.html
          (2012/08/04 本物であること確認:
           MD5: 3809706eb1866f53abd0b1621b307cc0)
      • 32bit Windows7の場合
        http://www.windowdev.com/bbs/board.php?bo_table=jpn_win7_x86&wr_id=2909&page=179
        (ファイルの安全性・本物かどうか等、当方未確認)
        32bit版のダウンロードリンク位置
        ▲2011年4月現在、ダウンロードリンクは上記の位置
  2. システムフォルダ内のmfds.dllに対し、以下の手順を実行する
    mfds.dllは「所有者:TrustedInstaller」として管理されているので、通常ユーザーはファイルの変更を行う事が出来ません。ファイルの所有者を変更する必要があります。
    重要:必ず実行する→「このファイルを変更するには、TrustedInstallerからアクセス許可を得る必要があります」と出て、ファイルの変更が出来ない場合
    • 該当ファイルの場所
      64bit Windows7の場合
        C:\Windows\SysWOW64\mfds.dll
      32bit Windows7の場合
        C:\Windows\System32\mfds.dll
  3. 現在のmfds.dllをバックアップ
    上で所有権を変更したファイルをリネームまたは別フォルダへ移動させる。
    • 64bit Windows7の場合
        C:\Windows\SysWOW64\mfds.dll
    • 32bit Windows7の場合
        C:\Windows\System32\mfds.dll
  4. 入手した古いmfds.dll を、Windowsシステムへコピーする
    コピーする場所は、さっきバックアップを取ったのと同じ場所
    • 64bit Windows7の場合
        C:\Windows\SysWOW64\mfds.dll
    • 32bit Windows7の場合
        C:\Windows\System32\mfds.dll
  5. PCを再起動する

上記の手順を行う事で、再びWMP12などでTSファイルの再生が出来るようになります。

スポンサー リンク

上記操作がうまく出来ない場合

Home Premium版では上記手順で変更出来ないとの報告を頂いています。Ubuntuなど別OSから変更するしか無いようです。
追記:(2012年4月、Home Premium版でも上記手順は実行出来ることを確認。上手く行かない人は、管理者権限のないユーザーでログオンしているか、何かしらの手順をミスっているかと思われます)

上記操作がうまく出来ない場合その2

参考リンク:Airkyon.com » Blog Archive » Windows7 SP1のバグ(mfds.dll)を修正
複数台のWindows7マシンでmfds.dllの所有権変更を行った方のブログ。
個体により、若干手順が異なる場合があるようです。
私の場合、3台の個体で試し(Pro2台、Home1台)、3台とも同じ手順だったので、どの辺で違いが出るのか良く解らないです。

注意:この方法に永久的な効果はない

このページの手順で「mfds.dll」を差し替えても、Windows Updateで再び新しい dll ファイルに差し替えられ、TSファイルの再生に問題が出てしまう場合があります。WMP12の利用を諦め別の再生アプリを使うか、FFDshoowなどで別コーデックを利用する方が賢い選択になるかと思われます。