このページについて

6月20日、本日のWindowsアップデートとFlash Playerアップデートを適用した直後から、メインPCがブルースクリーン連発です。。。

 プライバシーポリシー / 免責事項

つぶやき
▲2時間ほど前のつぶやき(^_^;

6月20日、本日のWindowsアップデートとFlash Playerアップデートを適用した直後から、メインPCがブルースクリーン連発です。。。

とりあえず「私のPC環境」でのお話ですが、なんとか解決できたっぽいので書いておきます。

BSOD画面
▲クリックで拡大
こんな感じでメッセージが出てました。
最初はHDDかビデオカードが原因だろうと推測。

今までもWindowsアップデートやFlash Playerアップデートの後は、VGAドライバを更新しないとPCが安定しない現象は何度も経験していたので、今回もその類だと思ってました。

でも、、、一向にPC不調から脱出できる様子がないです。。。

PC落ちる時の症状など

  1. 6月20日、WindowsアップデートとFlash Playerの自動アップデート適用。
    その直後からブルースクリーン連続発生。合計8~9回。
    5回目以降数えていないので良く覚えていない。
  2. ブルースクリーンの発生は、100%がブラウジング中。
  3. IE9、Firefox4、どちらでも発生。
  4. IE9またはFirefoxを起動、4~10ページブラウジングすると、急に回線が不安定になりだす。
  5. 「あれ?Webページが開かなくなったぞ?」と思ったら、その10秒後くらいにブルースクリーン発生。
  6. ブルースクリーン発生時のメッセージは、ストレージに関するものか、ビデオカードに関するものばかり。

今回、私のPC環境で不具合が出ていたのは無線LANドライバでした。

お昼からいろいろとPCメンテしていましたが、無線LANドライバを更新した後からとりあえずPCは安定したっぽいです。

ちなみに私の使っている無線LANはバッファロー製。
 ダウンロードサービス ドライバーダウンロード | BUFFALO バッファロー

2007年に購入したWLI-U2-KG54Lという機種なのですが、今年の2月にドライバ更新されていました。

無線LAN子機自体、寿命かもしれない。。。

実は、今使っている無線LAN子機自体が寿命である可能性もあります。
元々我が家は電波状況が悪く、ネット回線が切れがち。
回線が切れるたびにUSB子機を抜き差しして回線を復活させていたのですが、
1~2ヶ月ほど前から無線LAN子機が異様に熱を持つようになっていました。

手に持ってギリギリ火傷しない程度の温度。恐らく50~60度くらいに発熱してます。
本日のブルースクリーン大量発生中はそれ以上。60~70度に発熱していました。

「まだ使える。。。まだ使える。。。」
とだましだまし使っていましたが、そろそろ買い換えた方が良いのかも('Α`)

後日、無線LAN買い換えました。
 → 無線LAN機器を新調したら、通信環境が驚くほど改善しました。
 → 今回のPC不調時のチェックポイント メモ