このページについて

Traffic Management Controllerはネットの通信速度や転送量を制限できるフリーソフトです。TCP Monitor Plusとの組み合わせにて作動します。NEGiESの代替ツールとして利用。

 プライバシーポリシー / 免責事項

前ページで紹介した「NEGiES」は、 Windows 7/Vista では利用できません。
その代替になるツールを探してみた結果が、このページで紹介するTraffic Management ControllerとTCP Monitor Plusの組み合わせ になります。

Traffic Management Controller起動画面
▲クリックで拡大: Traffic Management Controllerの起動画面。

正式なサポートは Windows XPまで。当方の64bit Windows7 では無事に作動していますが、環境によっては作動しないかもしれません。

Traffic Management Controller概要

公開サイト:OGA's Web Page
ライセンス:フリーソフト?(ライセンスの記述が見つからない)
対応OS:Windows 2000/XP(当方の 64bit Windows7 にて作動確認)
同サイト内で配布しているTCP Monitor Plusと併用する事により作動します。

Traffic Management Controllerはトラフィック量により
 再起動/PCの電源を切る/各種コマンド実行/プロセス強制終了などが可能。
 帯域制限機能によって転送量を調整することも可能。
プロセス・アプリケーション毎に帯域制限する事は出来ないようです。ポート別の帯域制限は可能なので、そちらで工夫する事。

 

TCP Monitor Plus概要

Traffic Management Controllerを使いたい場合は、同サイト内のこのツールも併用します。

TCP Monitor Plus起動画面
▲クリックで拡大: TCP Monitor Plusの起動画面。
公開サイト:OGA's Web Page
ライセンス:フリーソフト
対応OS:Windows 98/Me/XP/Vista/7

起動すると、上図のようにリアルタイムで通信状態のモニタリングが出来ます。
画面上部のタブから、他の各種機能へアクセス可能。

こちらはWindowsマシン用のTCP/IPネットワークモニター。
通信環境のトラフィック量表示やIP監視、セッション状態のモニタリング・NSLOOKUP、NETSTAT、WHOIS、通信ログファイル出力などの機能を持っています。

スポンサー リンク

両ツールの簡単なまとめ

TCP Monitor Plus
 ・・・・TCPプロトコルでの通信状態をモニタリングするためのツール

Traffic Management Controller
 ・・・・TCPプロトコルでの通信状態に応じて、様々なアクションを発生させる
    コントローラー。TCP Monitor Plusの数値を拾って作動する。

 

インストール方法

両ツールともに、インストール不要。
ダウンロード後、解凍して任意のフォルダから.exeファイルを実行すればツールが起動します。

アンインストール方法
両ツールとも、Windowsのレジストリは一切使用していません。
アンインストールは実行ファイル等を解凍したフォルダごと削除すればOK。

TCP Monitor Plusの使い方

TCP Monitor Plus起動画面
▲TCP Monitor Plusの起動画面。

インターネットの帯域制限を行いたい場合は、TCP Monitor PlusしておくだけでOKです。

このページでは、特に詳しい解説は行いません。
公式サイトの解説ページが詳しく、分かりやすいのでお勧めです。
  ・トラフィックモニターの詳細説明
  ・通信ログファイル出力機能
  ・パケットフィルター機能
  ・他、公式サイト内で解説が充実。

Traffic Management Controllerの使い方

こちらも公式サイト内に詳しい解説あり。
このページでは、ツール導入から帯域制限を行うまでの手順を紹介します。

公式ページの解説の意味が解らない人は、以下の操作を試してから、もう一度読みに行ってみましょう。数倍分かりやすくなると思います

帯域制限のみを使う

まず、TCP Monitor Plus と Traffic Management Controllerを起動します。
(帯域制限のみ使う場合は、実は Traffic Management Controller単体でも大丈夫です。)

管理者として実行
▲「管理者として実行」を選択して実行する。
(Windows Vista/7 では、これをしないと一部の機能が作動しないっぽい?)

Traffic Management Controllerの使い方1
▲Traffic Management Controllerのツールバーから
「帯域制限」>「設定」をクリック

Traffic Management Controllerの使い方2
▲帯域制限の設定リスト。
リストの空白部分を右クリックして、「追加」をクリック。
(作成した設定は、後からこのメニューから編集・削除が簡単に行えます)

Traffic Management Controllerの使い方3
左のチェックボックス:設定の有効/無効の切り替え(チェックで有効)
送信速度限界値:Kbyte/S単位で入力
送信元ポート:通常は0でOK
送信先ポート:ブラウザの通信速度を制限したい場合は80を入力
       (FTPツールの場合は20、21の二つを作成)

Traffic Management Controllerで帯域制限
▲クリックで拡大
あとはツールバーから「帯域制限」>「開始」を選択すると、ステータス部分に「帯域制限 ON」と表示され、帯域制限が有効になります。

条件を指定して、イベントを発生させる

以下の作動にはTCP Monitor Plusの併用が必須です。

Traffic Management Controllerの使い方4
イベントリスト項目の空欄部分を右クリックしてメニューを表示。
「追加」を選択。

Traffic Management Controllerの使い方5
▲条件をクリックして、帯域制限が発動する条件を選択します。
どの条件も「OO以上」「OO以下」と二つの条件項目があるので、逆に指定しないよう注意をする事。

アクション指定
▲次に、条件を満たした後に発動する「アクション」を設定します。

設定完了
▲こんな感じに設定を行いました。
「帯域制限」は、Vista/7では利用できない場合があります。
(当方では無事作動しているようです。)

設定完了
▲作成したイベントをダブルクリックすると、イベントがスタートします。

条件発動
▲クリックで拡大
Traffic Management Controllerは、イベント条件を満たしてから発動するまでに、30秒のタイムラグを設けています。

無茶な設定
▲ということで、常に帯域を制限したい場合などは「総受信量1MB以上」「MEM使用率100%以下」などの無茶な条件を設定。

通信マックス設定完了
▲クリックで拡大
通常のWebサイトを閲覧している所。普段の1/10程度の速度でブラウジング中。

このページでの解説は以上です。

 

その他のNEGiES代替ツール

 NetLimiter3
こちらは28日間の試用期間付きのシェアウェア。
アプリケーション毎に帯域制限が出来てかなり高機能です。