Windows7:XPモードのメンテナンス方法

Windows7のXPモードのメンテナンスを行ってみましたが、、、どうやら仮想PCに実際のPCと同様のメンテナンスを行っても逆効果になる場合が多そうです。

Windows7:XPモードのメンテナンス方法

Windows7のXPモードを利用し始めて1年以上。なんだか動きがモッサリして来たような気がしたので、「そろそろXPモードのメンテナンスでも始めてみようかな」と色々試して見た所、実機のXPと同様のメンテナンスは全く通用しない事が分かったのでメモ。

試したメンテナンス色々

  • 使わなくなったアプリの削除
  • CCleanerを実行
  • Glary utilitiesを実行
  • MyDefragでシステムディスクのデフラグ

メンテナンス実行前

XPモードのファイルサイズ1
▲メンテナンス実行前
仮想ディスクは9.5GB。元々XPモードの仮想ディスクは3~4GBなので、1年で2倍以上に膨れ上がっていたようです。

メンテナンス実行後

XPモードのファイルサイズ2
▲メンテナンス実行後
仮想ディスクは11.5GB。 増えてる・・・だと・・・?

これは何ごと・・・?と、再度デフラグをかけながら仮想ディスクのファイルサイズをリアルタイムで監視していると、デフラグ中にモリモリと.vhdファイルが大きくなっていってます。

メンテ実行後も、体感的な速度アップは無し。
XPモードは、操作すればするほど、オリジナルの仮想ディスクから「差分ファイル」を作成していく。
通常のXP用のメンテナンスツールを使っても、その差分ファイルが増えていくだけなんですね。。。

XPモードから通常のデフラグを行うと、パフォーマンスも落ちるっぽい

XPモードを30分~1時間利用したり、2~3回再起動しているうちにデフラグ前のパフォーマンスに戻りますが、デフラグ直後のXPモードはかなり作動が鈍重でした。

XPモードに実機マシンと同じようなメンテナンスは行わない方が良いみたいです。

XPモードのメンテナンスはこうする:1

XPモードの設定
▲クリックで拡大
XPモードの設定画面から、「ハードディスク1」の項目を開き、「変更」をクリック

HDDの圧縮
▲クリックで拡大
「仮想ハードディスクの圧縮」を選択すると、仮想HDDの圧縮が始まります。

XPモードのファイルサイズ3
▲メンテナンス実行後
仮想HDDのサイズは7.5GBまで減りました。
その後XPモードを起動すると、少しだけ快適な状態に戻ってます。

XPモードは、メンテナンスよりもバックアップ・差分利用が大切かも

XPモードは極力カスタマイズせず、素のまま使うのが一番。
使い始めに殆どの設定を済ませ、必要なアプリをインストールした時点で仮想ディスクのバックアップを取り、メンテナンスしたくなったら仮想ディスクを差し戻すのが一番有効なメンテナンス方法ですね。

使いやすい環境を構築したVHDファイルを親ファイルにして、そこから差分ディスクを作成・運用するのが賢い使い方になりそうです。



次のページへ
前のページへ
Windows7:XPモードのメンテナンス方法
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> XPモード
VMware PlayerにXPモードをインストールする方法
XPモードのインストール方法
XPモードのBIOS起動
XPモードでWindows98・2000

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2011/03/31(2010年12月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8