1年使ったWindows7の内部には、エラー報告ファイルが1GB以上

Windowsのエラー報告ファイルは、1年使い込むと約1GBもの容量が貯まるようです。

1年使ったWindows7の内部には、エラー報告ファイルが1GB以上

エラー報告ファイルが1GB以上
▲クリックで原寸表示

Windowsはシステムに何かエラーが発生すると、microsoftにエラー報告ファイルを送信する仕様になっている訳ですが、そのエラーファイルはユーザーが削除しない限り延々と貯まっていきます。

1年使い倒したOS内部には、エラー報告ファイルは約1GBもの容量が貯まり込んでいるようです。

XPから64bit Windows7に乗り換えた方はかなりの確率で古いハードウェアやアプリケーションのトラブルに遭遇しているはず。

私の場合、普通の人と比較するとかなり無茶なPCの使い方をしているのですが、普通の方でも1年くらいPCを使い込めば、400~500MB位のエラー報告ファイルが貯まっているんじゃないかと思います。

エラー報告ファイルの削除方法

CCleanerなどのシステムメンテナンス系のフリーツールを導入するのが簡単。
 サイト内のCCleaner使い方解説ページ

CCleaner
▲初期設定でオフになっている「ウィンドウズ エラ-報告」のチェックをオンにして解析・クリーンアップを実行すればOK

Windowsのエラー報告ダイアログを無効にしてしまう方法

以下、Windows 7/Vista/Server 2008のエラー報告ダイアログを無効にしてしまう方法

  • Vista/2008:コントロール パネル≫問題のレポートと解決策 を開く
  • Windows 7 :コントロール パネル≫アクションセンター≫問題レポートの設定

問題の解決
▲「解決策を確認しない」にチェック。

 

Windowsエラー報告のログ自体を無効にしてしまう方法

Winキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」ダイアログを出し「gpedit.msc」を入力。
「ローカルグループポリシー エディター」が起動する

左ペインを「コンピュータの構成」≫「管理テンプレート」≫「Windowsコンポーネント」≫「Windowsエラー報告」と移動する

各種設定を有効に
▲クリックで拡大
表現がややこしくなるが、上記の「ログを無効にする」などのオプションを有効にすると、エラーログ機能が無効になる。

Windowsを再起動させること。



次のページへ
前のページへ
1年使ったWindows7の内部には、エラー報告ファイルが1GB以上
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> Tipsや便利ツール(7)
Windows 10、8.1、8、7のシステムイメージからの復元とバックアップの違いについてメモ
(今更)Windows 7 Enterprise評価版を90日間利用する方法
MyDefrag:簡単・高速・高機能なフリーのデフラグソフト
64bit版 Windows 10/8.1/7 でも安全・超速にメモリ解放する方法

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
ドスパラ amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2010/09/15(2010年09月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8