たまにはタスクスケジューラの中身を覗いて、PCに余分なプログラムが走っていないかチェックしてみましょう。

64bit Windowsの場合、結構な確率で無駄なタスク(古い仕様のアンインストーラーの残骸)などが残っていますよ。
Windowsが不調の際などは、何か発見があるかもしれません。

※注意
このページは、「PCの定期点検」的な意味合いのページであり、PCの不具合や不調を治す具体的な情報ではありません。

 

タスクスケジューラーはここから呼び出す
タスクスケジューラー
▲[スタート]>[管理ツール]>[タスクスケジューラー]

無駄なタスクが無いか調べてみる

64bit Windowsの場合、結構な確率で無駄なタスクが残っています。
古い設計 (XP互換) のアンインストーラーでソフトを削除すると、痕跡がタスクスケジューラーに残ったままになります。
例: エプソン・キャノンプリンタの古いドライバ削除ツール
  Quicktimeプレーヤーのアンインストーラー など。

無駄なタスク
▲クリックで拡大
[タスクスケジューラ ライブラリ]に、 [xxxx-xxxx-xxxx-~]ってな感じで数字が羅列されたタスクがある場合は、古い仕様のアンインストーラーの残骸です。
残していても無害ですが、気持ち悪いと感じるなら削除してOK。

不審なタスクは全て削除する
アンインストーラーの残骸
インストールした覚えの無い、不審なタスクは削除しましょう。
(一応プロパティで内容を確認し、自己責任で削除すること)

一定時間毎に実行されるタスクのチェック

Adobe、Google、JAVA、セキュリティソフト関連など、一定時間毎に実行されるタスクもチェックしておきましょう。
一定時間毎に実行されるタスクのチェック
▲クリックで拡大

 

概要のチェック

タスクスケジューラの概要のチェック
▲クリックで拡大
[タスクスケジューラ(ローカル)]>[アクティブなタスク]で、現在アクティブなタスクのみを確認する事が出来ます。

チェックポイント
・場所
 システムフォルダ以外のドコかに不審なタスクがないか
 Tempフォルダなどにタスクがないか
・トリガー
 異様に間隔の短いものは無いか
 PCの不具合と連動していそうな間隔になっているものは無いか
 夜中に勝手にPCが起動する場合などは、深夜の時間帯のタスクをチェック

怪しいモノが見つかったら
 ・タスク名をダブルクリックすると、詳細を確認できます。
 ・詳細画面でタスク名を右クリックすると、
  [実行・終了・無効・削除]などのコマンドが選択できます。
[実行・終了・無効・削除]などのコマンドが選択
▲右クリックでプルダウンメニューを開き、図のようなチェックを行う事が可能。

設定を変更する場合は「プロパティ」から
設定を変更する場合は「プロパティ」から
▲クリックで拡大
親画面ではタスクの設定変更は出来ません。
[右クリック]>[プロパティ]で詳細設定画面を出し、そこでタスクのトリガーや操作方法を変更します。

Windows Backupのチェック

Windowsのバックアップ設定を有効にしている場合は、このタスクも正常に作動しているかチェックしましょう。
Windows Backupのチェック
▲クリックで拡大

このページの情報は 以上です。