VMware内の仮想PCからAドライブ(FDD)を消す方法

VMware上のハード構成にフロッピードライブが無い場合でも、仮想OS上のBIOSでフロッピードライブが設定されている場合があります。これを無効にします。

VMware内の仮想PCからAドライブ(FDD)を消す方法

VMware上で仮想PCを作成した時、Aドライブ(FDD)が認識されてしてしまい、これが微妙に邪魔になる事があります。

VMware上のXPマシン
VMware上のXPマシン
▲クリックで拡大
Aドライブが「フロッピーディスクドライブ」かつ「リームバブルディスク」として登場しています。

VMware上のハード構成を確認してみると・・・
管理画面上ではフロッピーディスクは存在していない
▲クリックで拡大
管理画面上ではフロッピーディスクドライブは存在していません。
もちろんホスト側にもFDDはありません。

このように実機にもVMware上のハード構成にもフロッピードライブが無い場合でも、仮想OS上のBIOSでフロッピードライブが設定されている場合があります。
こういう状態の時にAドライブを消すには、仮想PCのBIOS上でFDDをDisabledにする必要があるようです。

以下、その手順メモ。

VMwareでBIOS画面にアクセスする方法

サイト内以下ページで解説しています
VMwareをCDブート、USBブートする/VMwareのBIOS画面を出す

  • POST通過時間を長くする
    ・・・・・仮想OSを作成したフォルダ内の「*.vmx」ファイルに「BIOS.BootDelay ="2000"」という一文を付け足す(数値はミリ秒)
  • BIOSに入る
    ・・・・・POST通過中にF2 キー

BIOS画面に入る

「Legacy Diskette A:」の項目を「Disabled」に
▲クリックで拡大
「Legacy Diskette A:」の項目を「Disabled」に変更する。

 

BIOS上での変更を反映させ、仮想マシンを再起動します。
Aドライブが消えた
▲クリックで拡大
これでAドライブは消えました。

注意事項

VMware上にOSをインストールする際の「簡易インストール」など、VMwareは一部の機能をFDドライブを利用してバッチを走らせます。
この変更を行った場合、VMwareの一部機能が正常に作動しない場合があるので注意しましょう。



次のページへ
前のページへ
VMware内の仮想PCからAドライブ(FDD)を消す方法
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> 仮想化ソフト
VMwareにWindows10をGPTインストールする時のおまじない
VMwareをUEFIブートさせる、BIOS画面を出す、CDブート、USBブートする方法
小さいけど十分便利。ISOなどを仮想ドライブにマウントできるツール WinCDEmu
VMwareで仮想プリンタが使えなくなった場合の対処方法-その2

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 a8
次のページへ
前のページへ

更新日 2016/02/18(2016年02月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8