Adobe CC 2015で「同期場所を読み込めません」となってしまう場合の対処方法

Adobe CCのクライドファイルサービスと同期が取れなくなってしまい、悪戦苦闘したので解決方法をメモ書き。dbファイルを削除、CCのインストールしなおしで同期できるようになります。

Adobe CC 2015で「同期場所を読み込めません」となってしまう場合の対処方法

2015.07.08: 文章を一部修正、画像リンクの修正

Adobe CCのクライドファイルサービスと同期が取れなくなってしまい、悪戦苦闘したので解決方法をメモ書き。

こんな感じになりました
Creative Cloud Files
▲クリックで拡大
まず同期に失敗した旨のメッセージが表示される。
そして同期に失敗するたびに空のCreative Cloud Files共有フォルダが増殖してしまい、なんだかすごく面倒な状態になってしまった。

オンライン上のファイルと全く同期できない状態です。

原因および解決方法

下記リンク先と同様の手順で解消可能でした。
Creative Cloud デスクトップアプリケーションをアップデートをするとフリーズする | Adobe Community
トラブルの症状は異なりますが、不具合の根本的な原因は同じもののようです。

  • 原因
    Adobe CC を2014から2015へのアップグレードする時、データベースファイルが正しく更新されない場合がある。
    Windows、MacなどOSを問わず、多くの環境で問題が発生するらしい。
  • 解決方法
    データベースファイルを削除し、「Creative Cloud デスクトップアプリケーション」をインストールしなおす。
  • その他メモ
    • 「Adobe CC 同期しない」「同期 読み込めません」などのキーワードで検索しても何もヒットしなくて途方に暮れていた。
    • 「Adobe CC db 削除」というキーワードで上記の解決方法を発見した。

具体的な対処方法

症状などはページ後半に記載し、まずは対処方法を紹介します。
上記のAdobeの対処方法とほぼ同じ手順ですが、若干の補足を入れています。

Adobe CCを終了させる
Adobe CCを終了させる
▲クリックで拡大
タスクトレイからCreative Cloudを右クリックし、終了を選択します。

*.dbファイルを削除する
*.dbファイルを削除する
▲クリックで拡大

  • ファイルの場所
    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\CoreSync\~.db
  • 削除するファイル
    拡張子が「*.db」、「*.db-shm」、「*.db-wal」のファイル
  • 複数存在する場合は、全て削除する
    複数存在する場合は、全て削除する
    ▲クリックで拡大
    「*.db」、「*.db-shm」、「*.db-wal」が複数存在する場合、全て削除します。
    • 上記画像の補足
      「2015/01/06」は私がAdobe CC2014年版のクラウドファイルサービスを初めて使った日。「2015/06/15」は2015年版にアップデートして初めてAdobeクラウドファイルサービスにアクセスした日。
    • データーベースが重複してしまったらしい。

ファイルの削除が出来ない場合
ファイルの削除が出来ない場合
▲クリックで拡大
このようなメッセージが出て、ファイルが削除出来ない場合があります。

これは、Adobe Creative Cloud のサービスが完全に停止していない場合に発生します。
(上記画像から、Core Syncが停止していないことが分かる)

Adobe Creative Cloud のサービスを停止する
Adobe Creative Cloud のサービスを停止する
▲クリックで拡大
タスクマネージャーを起動し、該当のプロセス(今回の場合はCoreSync.exe)を終了させる。

もう一度*.dbファイルの削除を試みる
*.dbファイルを削除する
▲クリックで拡大
削除対象は「*.db」、「*.db-shm」、「*.db-wal」。
今度は上手く削除できるはず。

Creative Cloudをもう一度インストールする
ダウンロードリンク: Creative Cloud デスクトップアプリケーションのダウンロード
事前にCreative Cloudをアンインストールする、PCを再起動する、などの手順は不要。普通にインストールすればOK

Creative Cloudを起動すると、同期が始まる
*.dbファイルを削除する
▲クリックで拡大

発生時期

記憶が定かではないけれど、6月12~14日ころから問題発生。
発生時期がAdobe CCを2015年版にアップデートした直後だったのか、直前だったのか、はたまたWindows Updateのタイミングで発生した問題なのか、良くわからなかったので初動が遅れた。

PCもしくはサーバーの一時的な不調で、放っておいても直るだろうとタカを括っていたが、いつまで経っても直らないのでPCメンテナンス開始。

症状

こんなメッセージが出ました。
エラーメッセージ
具体的な症状
Creative Cloud Filesと同期できない以前に、フォルダの作成すら失敗する。
PC起動時、スリープ復帰時、スクリーンセーバーからの復帰時などにほぼ毎回発生する。

上の画像ではフォルダの作成に失敗したメッセージが出ていますが、それ以外に Creative Cloudを起動する度に、PC内に新しい「Creative Cloud Files」フォルダが作成されてしまいます。

「Creative Cloud Files」フォルダが増殖してしまった画像
Creative Cloud Files
▲クリックで拡大
上記のフォルダは全て空の状態です。オンライン上のファイルと全く同期できません。

Creative Cloud Filesと同期できない
Creative Cloud Files
▲クリックで拡大
Creative Cloud は「同期に失敗しました」「同期場所を読み込めません」などのメッセージが出ます。
「サポートに問い合わせ」ボタンは死んでいて、アクセス不能です。
「同期場所を再読込み」のボタンも無反応です。

また、PC内の「Creative Cloud Files」フォルダの場所を指定もしくは変更が出来なくなってしまっています。

「Creative Cloud Files」フォルダの場所を変更する

「Creative Cloud Files」フォルダの場所の変更方法の図
「Creative Cloud Files」フォルダの場所の変更方法の図
▲クリックで拡大
ただし、先に紹介したエラーが発生している状態の場合、この画面に辿り付けるのは稀。20回に1回くらい(10時間に1回くらい)この画面にアクセスできる、といった具合です。

Adobeのサポートが不親切

  • Adobeのサイトは、最近重過ぎる
  • 電話サポートの電話番号が変わってしまっていた。
  • 20分かけて電話サポートの番号を見つけ、電話してみたら「Creative Cloud デスクトップアプリケーション」の案内が見つからず、電話が終ってしまった。
  • よくあるFAQにこの問題は掲載されていなかった。
  • コミュニティの掲示板を見たが、この問題は発見できなかった。
    • もっと探せば見つかるかもしれないが、サイトが重くて探す気になれない。
    • 2015年版のインストール、アップグレードに失敗している人が多数いる事はとりあえず解った。


次のページへ
前のページへ
Adobe CC 2015で「同期場所を読み込めません」となってしまう場合の対処方法
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> Adobeその他
Adobe Audition CC のエンベロープが表示されない
メモ: Premiere ProとAuditionでwav再生時間の長さにズレがある・・・
Adobe CC 2015で「同期場所を読み込めません」となってしまう場合の対処方法
Adobe CCを2015年版にアップデート・インストールできない時の対処方法

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
ドスパラ amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2015/07/08(2015年06月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8