このページについて

新しく公開されたFlash Player10で、Flash PlayerはGPUをサポートするようです。YoutubeのフルHDがカクカクしちゃう人もこれで大丈夫かも。

 プライバシーポリシー / 免責事項

flash player gpu

新しく公開されたAdobeFlash Player10で、Flash PlayerはGPUをサポートするようです。

「YoutubeのフルHD動画配信のスタート」と「Flash PlayerGPUサポート」がほぼ同時期だったことを考えると、YouTube(Google)は前々からフルHD化の準備を進めていて、FlashPlayerのGPU対応を待っていたのかもしれませんね。

これに追従する形で、NVIDIA、ATI両社ともGPUアクセラレーション可能なドライバを公開しています。気になる方は早速ダウンロードしてみましょう。

ATIな方は4Gamerさんの記事へどうぞ。
私はNVIDIA製ビデオカードを利用していますので、以下はNVIDIAな情報が中心です。

NVIDIAドライバ情報

11月5日「Windows7 + NVIDIAのビデオカードの人、注意!」と題して、Windows7用のNVIDIA製現行ドライバがまだまだ未完成な事をお伝えしていましたが、間もなくリリースされるWHQLを取得した次のバージョンは、現行ドライバの様々な不具合も改善される模様です。

現行最新のベータ版ダウンロードページ

追記情報11月27日、Driver 195.62がWHQL認証。正式にリリースされました。 ≫NVIDIAドライバページ

以下、リリース前の情報

WHQL取得前のベータ版(2009.11.17リリース)のダウンロードは以下から。
NVIDIA DRIVERS 195.55 BETA(WindowsVista/7 64-bit デスクトップ用)
NVIDIA DRIVERS 195.55 BETA(WindowsVista/7 32-bit デスクトップ用)

夜21時追記:WHQL取得前のベータ版第二段出ました
NVIDIA DRIVERS 195.62 BETA(WindowsVista/7 64-bit デスクトップ用)
NVIDIA DRIVERS 195.62 BETA(WindowsVista/7 32-bit デスクトップ用)
追記分詳細:http://www.4gamer.net/games/022/G002210/20091126001/

4Gamer.netさんによると、これらベータ版ドライバは、今週中に認証が得られる見込みであると予告しているそうです。

 

現行ドライバ(191.07)は不具合が多すぎる(特に64bit版 Windows7用)ので、正式版がリリースされたらなるべく早くアップデートするようにしておきましょう。

大きな変更点:Flash PlayerのGPU支援に対応

TOPでも書きましたが、11月17日にAdobeからリリースされた次世代 Flash Playerのプレリリース版(Adobe Flash Player 10.1 prelease)がDXVAをサポートしたため、新しいドライバを利用する事でCPU負荷を低く抑えながら、AdobeFlash形式の高解像度ビデオを再生できるようになるようです。(一部ビデオカードはまだ未対応・要確認-≫NVIDIAのチェックページ

YoutubeフルHD

先日からYouTube動画も、URLの末尾に「&fmt=37」を追加することで、1920×1080のフルHD動画が視聴出来るようになりました。

YoutubeのフルHDがカクカクしちゃって残念に思った人でも、ビデオカードが対応していればこれで大丈夫になるかもしれません。

その他

その他細かなバグフィックスや改善の内容・ノートPC用ドライバへのリンクなどの情報は、4Gamerさんの「195世代初のWHQL候補版ドライバ「195.55Beta」,デスクトップPC&ノートPC用に同時公開(GeForce Driver)」より入手下さい。