このページについて

2015年4月のPhotoShop CCのアップデート以降(正確にはAdobe Camera Raw 9.0)、RAW現像の挙動というか、一部のパラメータの挙動が変なことになってしまい困ってしまった・・・。という内容のページです。

 プライバシーポリシー / 免責事項

2015.07.09追記: 2015年6月16日のAdobe CCメジャーアップデートで、以下の症状はなくなった模様です。

まえおき
私はRAW現像する際、LightroomやSilkyPixを使わず、PhotoShopやRawTherapeeを使っちゃう人です。

このページの内容
2015年4月のPhotoShop CCのアップデート以降(正確にはAdobe Camera Raw 9.0)、RAW現像の挙動というか、一部のパラメータの挙動が変なことになってしまい、困ってしまった・・・。という内容のページです。

本文

以下の手順で操作すると、変な挙動をする。

PhotoShop CC (正確にはAdobe Camera Raw 9.0) でRAWを読み込む。
まず「基本補正」タブで現像する。
PhotoShopでRAWを読み込み、現像
▲クリックで拡大
私は、まずハイライトやシャドウ、明るさの調整を行います。

次に、シャープネスとノイズ除去の設定を行うのですが、、、
シャープネスとノイズ除去の設定
▲クリックで拡大
私の場合シャープネスとノイズ除去は、レンズ別や状況別で、好みの状態に仕上がるプリセットを複数作成して、プレビューを見ながら複数の設定を比較しつつ適用するようにしていました。

しかし このプリセットを適用すると・・・
PhotoShopでRAWを読み込み、現像
▲クリックで拡大
「基本補正」タブ内にあるハイライト、シャドウ、明るさなどの設定がリセットされてしまい、設定できるパラメータの種類や性質が、ガラっと変わってしまう。
なんだろうこれ?メチャメチャめんどうくさい。

スポンサー リンク

元のパラメータに戻す方法
元に戻す方法
▲クリックで拡大
画像中の矢印表記の場所にあるボタンを押すことで、元のパラメータを表示させる事は可能。ただし、先に設定した数値は初期化されている。やり直しになる。

「んじゃあ、最初から新しいパラメータで現像すれば良いじゃん」と思うのだが、Adobe Camera Raw起動直後は古いパラメータしか表示されず、新しいパラメータを表示するには「シャープネスとノイズ除去のみのプリセット」を適用する必要があるのだ。

んで、新しい「基本補正」は、明るさやコントラストだけでなく、シャープネスやノイズのかかり具合もかなり違うのだ。

新しい「基本補正」のパラメータや画質について

上と同じ画像
PhotoShopでRAWを読み込み、現像
▲クリックで拡大

新しいパラメータの良い所

  • がっつりシャープネスをかけても、ノイズが発生しにくい。
  • というか、2~3倍キツイシャープネスをかけて丁度よい感じになる。
    • 古い「基本補正」を利用した場合
      適用量50、半径0.6くらいが好み
    • 新しい「基本補正」を利用した場合
      適用量150、半径0.6~1.0くらいでようやくカリッとしてくる。
      (ここまでシャープネスをかけてもノイズが目立たない)

新しいパラメータの悪い所

  • Adobe Camera Raw 9.0起動時は、古い「基本補正」のパラメータ画面が表示される。
  • 新しい「基本補正」のパラメータ画面を出すには、一度「ノイズ除去のみ」のプリセットを適用する必要がある。
  • まだコツを掴めていないだけだろうけど、古い設定と比較して、暗部を持ち上げつつ高いコントラストを維持するのが難しい。

まとめ

  • Adobe Camera Raw 9.0以降、現像のパラメータが異なったものになるのかもしれない・・・と思いつつも、現状ではどっちが正しいパラメータなのか検討が付かない。
    • Adobe Camera Raw起動直後は、「基本補正」には従来のパラメータが表示される。
    • ノイズ除去のみのプリセットを当てると、「基本補正」に新しいパラメータが登場する。
  • 今までの私の手順
    • 基本補正→シャープネス&ノイズ除去の順で適用
    • この順で操作すると「基本補正」の設定をやり直す必要がある
  • これからの手順
    いずれにせよ手間が増え、面倒臭い。
    • ノイズ除去のプリセットを使いたい場合
      • シャープネス&ノイズのプリセット適用
        → 新しい基本補正画面で調整
        → もう一度シャープネス&ノイズのプリセットを適用
    • 新しい基本補正画面を使いたい場合
      • 上と同じ手順
      • シャープネス&ノイズのプリセット適用
        → 新しい基本補正画面で調整
        → もう一度シャープネス&ノイズのプリセットを適用
    • 古い基本補正画面を使いたい場合
      • シャープネス&ノイズのみのプリセットは適用しない。
        手動で調整する。
        (Adobe Camera Rawは手動調整すると変化がわかりにくいんだよなあ・・・)

あとがき

何にせよ、現在のAdobe Camera Raw 9.0の挙動はおかしい。

私はLightroomやSilkyPixの現像・・・というかフォイルの管理方法が性に合わず、1枚ずつ大雑把にザックリ現像して楽しめるPhotoShopやRawTherapeeのRAW現像を使っていたのですが、PhotoShopのRAW現像はなんだか面倒臭い事になっちゃいました。

当面の間はRawTherapeeを使うか、Lightroomに再チャレンジするか・・・いずれにせよ面倒で億劫です。。。orz