このページは
  「WindowsでYoutubeが見れない、重い、再生できない場合の対処方法(HTML5版)
  の一部です

Youtube他、動画視聴サイトが閲覧できなくなった場合の、個別の解決方法ページです。Macの場合の対処方法や、Windows+ Firefoxの組み合わせの場合の対処方法などを記載しています。

最新情報

2012年10月から2014年9月にかけ、Firefox・Chrome・Opera・Safariなどのブラウザで、ブラウザ固有の大きな障害は観測しておらず、また有効的な対処方法も特にありません。

どのブラウザの場合も、
  1. キャッシュをクリアしてみる
  2. PCを再起動してみる
  3. 怪しいアドオン、エクステンションを使わない
    (広告を非表示にするアドオンなどは、全般的に動画共有サイトと相性が悪い)
この3点を守れば大きな不具合は出ない様に感じます。

 

ここから下は、古い情報になります

2012年8月以降のChromeの問題

参考リンク
Google ChromeでYoutubeの動画再生が止まる件について (再生が途切れる, 見れない, Shockwave Flash, 複数ファイルがある)(いろいろ備忘録日記さん)
Chrome内でFlashプラグインが重複している可能性があります。その場合、上記サイトさんの手順で解決します。
その2
chrome ニコニコ動画が見れない 表示関連障害 - Yahoo!知恵袋
2012年7月31日のGoogle Chrome 21リリース以降、
Flashplayerの設定が変更されたことなどにより、動画の再生やFlashの作動が正常に行われない現象が発生しています。

現在、Google Chromeは頻繁にアップデートが行われているので、更新と設定のチェックをこまめに行う必要があります。

 

2012年6月以降のFirefoxの問題

最新のFlash PlayerとFirefoxの相性が最悪('Α`)
Firefoxをメインブラウザにしている場合、最新のFlash Player(Ver11.3)以降に搭載された「保護モード」により正常なFlash再生が出来なくなっています。対処方法は上記リンク内にあります。

2012年以降、Firefox にReal Player のプラグインを導入している場合、Flashが正常に再生できない問題があるようです。

Firefox + Real Player の組み合わせ

2012年以降、Firefox にReal Player のプラグインを導入している場合、Flashが正常に再生できない問題があるようです。
外部リンク→Flash Player 保護モードのトラブルシューティング(Firefox | Windows)

Windows + IE以外のブラウザの場合1

重要:Flashがおかしいな?と感じた場合は、アンインストール後、まずはIEでFlash Playerをインストールしましょう。

  1. Flash Playerをアンインストールする → 解説ページ
  2. IEでFlashPlayerをインストールする → 解説ページ
  3. その後、お使いのブラウザでもFlash Playerをインストールする

IE -> その他のブラウザ、の順でFlash Playerをインストールしてみると、不具合が解消される場合があります。

Windows + IE以外のブラウザの場合2

Firefox、Google Chrome、Opera、Safariなどで不具合が発生している場合は、Flash Playerのシステムフォルダが壊れている事が多いです。
Flash Playerを一旦アンインストールして再びインストールを行う場合は、必ずWindowsシステムフォルダ内のFlashフォルダも削除しましょう。
ここに残っているゴミが原因で、正常にアップデート出来ない場合があります。

XPの場合
YouTubeが見れない問題XP編
▲クリックで拡大

C:\Document and Settings\ユーザー名\Application Data\Macromedia\
にあるファイル(Flash Playerフォルダ)を削除。
ユーザー名の所は各自のPCにて異なります。

Windows7/Vistaの場合
YouTubeが見れない問題7/Vista編
▲クリックで拡大

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Macromedia\FlashPlayer
ユーザー名の所は各自のPCにて異なります。

 

Windows + IE以外のブラウザの場合:その3

2秒前後で再生が止まってしまう場合などは、システムフォルダ内のNPSWF32.dllファイルを、ブラウザのpluginフォルダにコピーしてやると正常に作動する場合があるようです。
私の環境では、IEとFirefoxで同時に動画サイトを再生しても不具合が出る事がなくなりました。

注意1:Flash Playerが大きなアップデートを行った場合にはファイルの不整合等で不具合が出やすくなる事を忘れないようにしましょう。
注意2:Flash Player 9の時代のTipsです。現在は行わない方が良いかもしれません。

以下Firefoxの場合。以下の様にファイルをコピーする。
XP(32bit Windows)の場合
   元のファイル: C:\Windows\System32\Macromed\Flash\NPSWF32.dll
     ※注意:移動させるファイルはWPSWF32.dllという解説もあり。
      当方のPCにはWPSWF32.dllというファイルは存在せず確認できない。
   移動先: C:\Program Files\Mozilla Firefox\plugins\
64bit Windows 7の場合
   元のファイル: C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash\NPSWF32.dll
   移動先: C:\Program Files (x86)\Mozilla Firefox\plugins\

他のブラウザの場合でも、同様の方法で症状が改善するかもしれません。(当方未確認です)

 

  「WindowsでYoutubeが見れない、重い、再生できない場合の対処方法(HTML5版)
  へ戻る