このページは
 「ネット動画(Flash動画)が見れない、再生できない場合の対処方法
 の一部です
2016.01.18更新:リンク切れの修正

このページでは、一部の動画視聴サイトでのみ、動画が途中で止まったり、途切れ途切れになる場合の対処方法を解説しています。
※この方法は、Flash Playerで再生される動画に限られます。

 

まず、再生が途切れ途切れになる動画を再生します。

次に、再生中の動画上で右クリックして、「設定」を選択します
再生中の動画上で右クリックして、「設定」を選択
▲クリックで拡大

「ローカルストレージ」の容量を10MB程度に増やします。
再生中の動画上で右クリックして、「設定」を選択
▲クリックで拡大
操作手順
 1. 下段タブをファイルアイコンに変更します。
 2. スライダを右に動かします
 3. 閉じるをクリックすれば操作は終了です。

注意
上記の設定は、動画配信サービス毎に行う必要があります。
(再生が途切れ途切れになるサービスのみ設定すればOKです)

 

その他注意点

全般的に動画の再生が重かったり、途中で止まってしまう場合の、その他の注意点を箇条書きにしてみました。
以下の項目もチェックしてみましょう。

  1. アップロードしたばかりのYoutube動画だけが重い
    • Youtubeにアップロードした直後の動画は、24~48時間ほどの間、非常に再生が重くなっています。
    • これは、動画の変換処理が終了しておらず、ネットストリーミング用に最適化されていない為に起きる現象です。たいていの場合1~2日経つと、快適に再生されるようになります。
  2. そもそも、インターネット回線の速度が遅くないか?
    • 利用しているネット回線の契約形態を確認してみましょう。
      ※ネット動画を快適に視聴するためには、最低でも「下り速度1Mbps」が必要です。
    • スマートフォンの場合、1ヶ月7GB (Youtube動画に換算すると約1時間分)の通信制限があります。
    • 最近は、PC用・タブレット用のWi-Fi通信の場合でも、通信量規制が設けてある場合があります。格安のプランを利用している人は注意しましょう。

このページの情報は 以上です。

 

 「WindowsでYoutube(HTML5動画)が見れない、再生できない場合の対処方法
 「ネット動画(Flash動画)が見れない、再生できない場合の対処方法
  へ戻る