Windows7の「システムの保護」を無効にして「復元ポイント」を作らない場合、Windows Update がどれくらい早くなるか試してみたら、良く分からん挙動を示したのでメモを残しておくことに。
※この挙動チェックを行ったのは2016年2月中旬です。

はじめに

Windows Updateしていると、以下のようなメッセージが出て、Windows はシステムデータのバックアップを取る様になっている。
システムの保護/復元とWindows Update
▲クリックで拡大
「復元ポイントを作成」すれば、その後システムが調子悪くなっても「システムの復元」で(ある程度は)元の調子に戻す事が出来る。
バックアップにかかる時間はだいたい 2~5分程度。

しかし、クリーンインストール直後など、立て続けに何度もWindows Updateする場合は「復元ポイント」なんて意味ない。
また、続けて5~6回Windows Updateすると、その度に復元ポイント作成するのは時間もストレージ共にもったいない。

という事で、検証してみた

OSクリーンインストール直後の更新プログラム200個超の状態から復元ポイントを無効化して、Windows Updateしてみた。
システムの復元
▲クリックで拡大
こういう設定でWindows Updateしてみる。

結果

システムの保護/復元とWindows Update
▲クリックで拡大
復元ポイントを作っている・・・だと・・・?

システムの保護/復元とWindows Update
▲クリックで拡大
確かに無効になっているのに・・・。

  • 「システムの保護」を無効にしても、Windows Update中に「復元ポイントの作成をしています」のメッセージは消えなかった。
  • Windows Updateにかかる時間は、ほぼゼロになる場合もあれば、3~4分(無効前と変わらない)場合もあった。
  • どちらの場合も復元ポイントは作成されなかった。
  • ※別のPCで作動確認 (2016年2月16日配信分のみ Windows Update) したら、「復元ポイントを作成しています」のメッセージは出なかった。

うーむ。良く分からない挙動です。。。。

無駄に復元ポイントを消費したくない場合には有効だけど、時間短縮を目的にした場合はほとんど無意味なのかな?これ。
2009年から2015年まで、6年もの間Windows7をメインに使っていたけれど、その間はOSのクリーンインストールなんて3~4回しかしなかったので気が付かなかったです(^_^;