2017年4月初旬頃から、一部のPCにて Windows Update を行うと「エラー 0x80070643」が発生し、Windows Defender が更新出来ない不具合が発生しています。

※追記
2017年4月5日 16~17時頃、この問題が修正された定義ファイルが配信され、現在は何かしらの対策を打たなくとも正常に更新する事が可能になっている模様です。

エラー発生時の画像

「エラー 0x80070643」Windows Defender
▲クリックで拡大
ネット上で情報を読み漁ると、4月初旬 (4月2日?) 頃からポツポツと発生し始めているようです。手元のPCでは、4月3日から発生しています。
Windows 10、8.1、7 いずれのOSでも発生しているようです。

この問題が発生したPC

手元のPCで観察した結果は以下のような感じです。

手元のPCで効果のなかった対処方法

効果のあった対処方法

手元のPCでは以下で解決しました。
ただし、これでは効果がでないケースもあるようです。

Windows Defenderを起動し、一度 「手動」で更新する。
「エラー 0x80070643」Windows Defender
▲クリックで拡大

定義ファイルの更新がダウンロードされ始めます。
定義ファイルの更新ダウンロード中
▲クリックで拡大

無事 更新が成功し、最新の状態になりました。
無事 更新成功した図
▲クリックで拡大

手元のPCの場合、これだけで問題は解消しました。
ひょっとすると、「PCで効果のなかった対処方法」に書いた sfc /scannow や トラブルシューティングツール との合わせ技で効果が出たのかもしれません。

海外情報

Windows Defender is failing to install updates with error 0x80070643
対処方法の記載アリ。

リンク先の対処方法

  • Windows Defender が自動更新になっているか確認する。
  • 自動更新になっていない場合 は Windows Defender 上から手動で更新してみる。
    もしくは Windows Update画面で 手動更新を行ってみる。
  • 手動更新が失敗する場合は、以下から定義更新ファイルをダウンロードする

最新の「定義更新ファイル」ダウンロードリンク

※ mpam-fe.exe という名前のファイルがダウンロードされます。
※ ダウンロードファイルを手動で実行する必要があります。
※ 100MB超のかなり大きなファイルです。

それでも解決しない場合

  • サードパーティー製のセキュリティツールの導入を検討する。
  • ※補足注意
    Windows 8.1/10 でサードパーティー製のセキュリティツールを導入すると別の問題が発生する恐れがあるので注意しておく。

このページの情報は以上です。