ウイルス感染したWindowsをリカバリした後の注意点

ウイルス感染した場合は、リカバリ後も「Windows.old」フォルダ内にウイルスが残っています。Windows.oldは削除するか、復元前にウイルスの除去を忘れないようにしましょう。

Windows.old,ウイルスなどについて。

ウイルス感染したWindowsをリカバリした後の注意点

Windowsマシンをリセットやリカバリ、リストアしたり、工場出荷時の状態に戻したり・・・と言った手順を行った際、古いシステムファイルが「Windows.old」として残っちゃう事があるんですねえ。

ウイルス感染した場合は、リカバリ後も「Windows.old」フォルダ内にウイルスが残っている事になります。

「Windows.old」はとっとと削除するか、環境復元したい場合はWindows.oldフォルダ内のウイルスを削除しましょう。

Windows.oldの削除方法

他サイトさんで非常に詳しい手順紹介があるので、そちらの紹介のみとします。

裏技shop DDさんの「Windows8.1アップグレード後に不要になったWindows.oldフォルダの削除方法!」が参考になります。

リンク先の手順画面
Windows.oldフォルダの削除方法
▲手順は非常に詳しく、「コンピューター」を開くというステップから解説されています。
Windows8.1へのアップグレードの場合を例に解説されていますが、Windows7以降(恐らくVistaもOK)は上記ページの手順をそのまま実行すればOKです。

上記ページの注意点
光学ドライブの付いていないノート・タブレットPCの場合は「Windows ESD インストールファイル」の削除はしないようにしておきましょう。
これを消すとリカバリが出来なくなってしまいます。

 

Windows.old フォルダーから以前の Windowsを復元する

Windows.old フォルダーを使用して Windows 7 ベースのコンピューターを以前の Windows インストールに復元する方法

「Windows.old」フォルダーからウイルスの脅威を消し去ることが出来た場合は、上記リンク先のような手順で元のPC環境を復元させる事も可能です。
(かなり面倒な方法になります。)

Windows.old フォルダー内のウイルスの削除方法

リカバリ後のPC環境から、普通に「Windows.old」フォルダ内のウイルスチェックは出来るはずです。
※ただし手元に手頃な環境が無かったため、検証できず。

この場合の注意点
もしウイルスを見つける事が出来た場合、保存場所やファイル名などを必ずチェックしましょう。
svchostなど、Windowsのシステムファイルと同名のウイルスが発見された場合は、「Windows.old」から環境を復元するのは諦めましょう。

あとがき

リカバリ後に「Windows.old」が残っちゃう現象は、メーカー製のPCの場合や、最近流行の「光学ドライブの無いPC」で良く発生するみたいです。

私はWindows PCをリストアする際、OSに標準で実装された機能を使う事がないので、今まで全然気が付きませんでした。。。



次のページへ
前のページへ
ウイルス感染したWindowsをリカバリした後の注意点
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> セキュリティ全般
hostsファイルの改ざんの確認と修復方法
非常駐で検出力の高いフリーのセキュリティツール、eScan AntiVirus & Spyware ToolkitUtility
図解&サンプル付き: exploit kitとは?
オンラインで怪しいファイルのウィルスチェックをしてくれるWebサービスまとめ

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
KDDIレンタルサーバ a8a8 KDDI-SLI
次のページへ
前のページへ

更新日 2014/02/15(2014年02月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8