ウィルススキャンをする時、「少しでも早く終わるようにPCを再起動しておこう。」なんて事をしていませんか?これ、全くもって無駄な操作でした・・・・。というお話です。

Windows Vista以降では、恐らくPC 再起動するとウィルススキャンの速度は落ちてしまうと思います。自分のPC環境でしか試していないので自信がありませんが、多分そうなります。

実際に検証するまで、私はOS再起動した直後の方が速いと思っていました・・・(^_^;

はじめに注意

当方のPC環境で試した結果です。
全てのPCに当てはまる結果では無いかもしれません。
あと、OSがXP以前の場合やメモリ搭載量が少ないPC(Vista/7で1GBとか、XPで512MB以下など)の場合も、違った結果になると思います。。。

PC環境

OS:64bit Windows 7 professional
HDD:75GB(空き23GB) (Cドライブ)
メモリ:9GB
CPU:Core i7 920

使用ソフト:Avira Antivir Personal 10
検証にはクイックシステムスキャンを利用

Aviraのクイックシステムスキャン
▲クイックシステムスキャンはローカル保護の項目から選択出来る。
さすがに完全スキャンを5~6回行うのは時間がかかりすぎちゃう。。。(^_^;

検証結果1

OS起動直後より、色々と画像作成・ブラウジング・ファイル操作などを行った後の方が、10~30%ほどウィルススキャンの速度が高速です。

以下計測では、ウイルススキャンをする度にPCを再起動させています。
OS起動後常駐ON/OFFスキャン時間
5分(何も操作せず)ON12分34秒
30分(画像作成・ブラウジング等行う)ON11分56秒
2時間(画像作成・ブラウジング・ファイル操作など)ON9分50秒
※ブラウジング後は、ウィルスチェック前にキャッシュファイルの削除を行っています

ざっとモニタリングしただけでも、「メモリにキャッシュされているdllファイル」の分だけHDDへのアクセスが減り、スキャンが高速になっているっぽいです。
その他にも、一度開いた画像・文書ファイルや圧縮ファイルの展開データがメモリに残っている場合なども、その分だけ高速化しているようです。

検証結果2

ウィルス対策ソフトの「常駐保護設定」は、ウィルススキャンの速度に影響を与えているのかどうかを測定。

Aviraの常駐保護解除
▲Avira Antivir Personalの場合、タスクトレイのアイコン右クリックから簡単に常駐保護の解除が可能。

OS起動後常駐ON/OFFスキャン時間
5分(何も操作せず)ON12分34秒
5分(何も操作せず)OFF11分52秒
2時間ON9分50秒
2時間OFF9分22秒

とりあえず常駐保護を解除すると5%ほどスキャン速度が速くなっている感じです。
でも誤差レベル・・・とも言えなくないけど、少しでも早くスキャンを済ませたい場合はこれも有効な感じです。

ウィルス対策ソフトによっては全く差が出ない場合や、逆に大きく差が出る場合もありそうです。

検証結果のスクリーンショット

以下、上の検証を行った際に撮ったスクリーンショットです。

OS起動直後にスキャンした場合。12分34秒
▲OS起動直後にスキャンした場合。12分34秒

OS起動後、2時間PC操作した後。9分50秒
▲OS起動後、2時間PC操作した後。9分50秒

OS起動後、2時間PC操作した後。常駐保護を切ると9分22秒
▲OS起動後、2時間PC操作した後。常駐保護を切ると9分22秒

OS起動直後。常駐保護解除してスキャンした場合。11分52秒
▲OS起動直後。常駐保護解除してスキャンした場合。11分52秒

 

あとがき

「ウィルススキャンを少しでも高速に行いたいから、PCを再起動させよう。。。」
な~んて事やってた人は、次回からPC再起動させる必要はないですよ!
ブラウザキャッシュやゴミ箱の中身などの不要ファイルを削除したら、そのままウィルススキャンを始めちゃいましょう。