2014年1月にパッチ配布・修正される予定のお話ではありますが、現在の「XPでWindows Updateを行うとsvchostのCPU使用率が100%のままになる」バグについて。

今更ですが・・・3ヶ月ほど放っておいたウチのXP機もハマってました。解決するのにチョット苦労しました。

解決手順

  • Windows Update エージェントの最新バージョンをインストール
  • MS13-080のインストール
    (リンク先に一杯ファイルあるけど、自分の環境に合った1個をインストールすればOK)
  • ついでにFlashPlayerも最新版をインストールして、PCを再起動しましょう。
  • この状態でも、スタートメニューからの「手動でのWindows Update」はやはりsvchostのCPU使用率100%にハマってしまう。
  • なので、Windows Updateの自動更新を有効にして、勝手にファイルがダウンロードされるのを待つ。
    自動更新を有効にする
    ▲クリックで拡大
  • ひたすらWindows Updateが自動ダウンロードされるのを待つ
    自動でWindows Updateがダウンロードされるのを待つ
    ▲タスクトレイ上の「!」アイコンで、ダウンロードの進捗が確認できます。
    自動でWindows Updateがダウンロードされるのを待つ
    ▲ダウンロードが終わったら、「!」アイコンをダブルクリックします。
  • この画面からならば、Windows Updateが行えます。
    自動更新を有効にする
    ▲クリックで拡大
    あとは指示に従うだけ。

スタートメニューからの、手動でのWindows Updateは上手く行かない状況が続いていますねえ。。。

サイト内関連

外部参考リンク