最高峰のアクションカメラGoPro HERO3+ 発売。バッテリー改善&さらに小型化(´∀`)ノ

個人的には「12月頃に4K 30FPSが可能になるHERO4が出るのかなあ~」なんて思っていたのですが、一足先にHERO3のマイナーチェンジ版が発売されました。

最高峰のアクションカメラGoPro HERO3+ 発売。バッテリー改善&さらに小型化(´∀`)ノ

GoPro HERO3+出ましたねえ。
日本国内での販売は11月からという事で、気になる人にはしばらくお預け状態が続きます( ̄▽ ̄;)

GoPro HERO3+
HERO3+ Black Editionのスペックページ

主な新機能・特徴
・20%の軽量化(防水機能は60mから40mに落ちた)
・バッテリーの持ちを30%改善
・Wi-Fiのレスポンス向上(4秒→1秒)
・新レンズ搭載。
  ・鮮明度33%向上
  ・アーティファクトが2倍軽減
・更にワイドなアングルで撮影可能 (SuperView)
・低光量時に自動でfpsを落とす機能 (60→30fps/48→24fps)
・ホワイトバランスの改善(変更?)
・マイク音質の改善(大音量時のディストーション発生が改善。2倍の音量に耐える)

個人的には「12月頃に4K 30FPSが可能になるHERO4が出るのかなあ~」なんて思っていたのですが、一足先にHERO3のマイナーチェンジ版が発売されました。海外の噂サイトなどは定期的にチェックしていたのですが、コイツの存在には全く気が付きませんでした。

HERO4はいつになるのかな(´・ω・`)

プロモーション トレイラー

毎度の事ながら、カッコイイ プロモビデオ作りますねえ。
鷹やライオンの背中にカメラ乗っけたり・・・スゲエ事してますわ。

気になったスペック

色々な改善があった中で、個人的に気になったのは・・・

・バッテリーの持ちが30%改善
・新レンズ搭載。
  ・鮮明度33%向上
  ・アーティファクトが2倍軽減
・SuperViewで更にワイドなアングルで撮影可能。
・低光量時に自動でfpsを落とす機能(60→30fps/48→24fps)

上記の4点。

バッテリーの持ちが30%改善

付属バッテリーは
HERO3+・・・・1180mAH, 3.7V, 4366mWh
HERO3  ・・・・1050mAh, 3.7V、3885mWh
と従来品より12%ほど性能アップしています。
残りの20%が、チップやセンサーの性能で省電力化されている・・・という感じでしょうか?

公式サイトの表(GoPro HERO3+BEの撮影時間)
Wi-Fi 無効Wi-Fi 有効
Wi-Fiリモート利用
Wi-Fi 有効
 GoPro App利用
Wi-Fi 無効
LCD TBP装着
Video Mode想定時間想定時間想定時間想定時間
4K 15fps2:001:501:201:25
2.7K 30fps1:401:351:101:15
1440 48fps1:501:401:101:20
1080p 60fps1:301:201:001:10
1080p 30fps2:001:501:201:25
720p 120fps1:551:451:151:20

私の所有しているHERO3 BEだと、Wi-Fi無効で
 2.7K 30fps・・・・1:02~1:05
 1080P 60fps・・・1:10~1:13
 1080P 30fps・・・1:40~1:45
くらい。
おお、1080Pは30%改善だけど、なんだか2.7Kモードは60%くらい撮影時間が延びているっぽい。
2.7K 30fps撮影は結構お気に入りなので、このモードが負荷や発熱も低下していると嬉しいですねえ(´∀`)ノ

※余談
HERO3の撮影時間、チェックするだけチェックしてこのブログにアップしていなかった。今度暇を見つけてまとめページを作らねば・・・。

新レンズ搭載、アーティファクトが2倍軽減

恥ずかしながら、カメラ用語として使う「アーティファクト」は、今回のGopro HERO3+の記事で初めて目にしました。色々とネット上の文献を漁ってみるものの、「アーティファクト」の定義は一定していない感じ・・・。良く解らん。

アーティファクトとして解説されているものの例
 ・エッジの尖りノイズ / ジャギー
 ・デジタルセンサー由来のノイズ / 偽色
 ・フレアなど光の映りこみ
 ・バンディングノイズなどデジタル処理で生じるノイズ

この辺のどれかが、従来機種よりも2倍優秀になっているって事らしい。
もし私がHERO3+を購入するとしたら、これに価値を見出した時かも。

SuperViewで更にワイドなアングルで撮影可能。

公式サイトの仕様表を見た感じでは、Wide/Midium/Narrowとは別にSuperViewのモードがある感じ。

  • SuperViewで60fpsはできない。
  • SuperView+Narrowに設定して、NarrowとMidiumの中間の画角を・・・とか考えていたんだけど、無理っぽい。
私は広角側はWideで十分なので、コレはどうでも良い感じになるのかな(^_^;

低光量時に自動でfpsを落とす機能

60/50/48FPSで撮影中、低光量時にフレームレートを半分にする機能っぽい。
30fps撮影時に15fpsには落ちない感じ。

私は低光量時の撮影を重視しているんだけど、ある程度ユーザー側で制御できないと難しい問題ですよねえコレ。60→30fpsならオート制御でも違和感出ないので、60fpsを多用したい人には便利そうですねえ。

HERO3のLow Light撮影時の性能はまあまあ満足しているし、30fps時の感度向上は無さそうなので、個人的にはどうでもよいかな(^_^;

どうしよう・・・

HERO3を持っていない、買おうかどうしようか迷っていた人には、明らかにHERO3+の方が良いカメラですねえ。

でも既にHERO3 BEを持っていて、今年4月のファームアップ後はSDカードの突然死や発熱停止が皆無になった私にとっては、あんまり魅力的に見えない。。。
(特定のSDカードで書き込み速度不足エラーはまだ発生してるけど、5月にカード全交換してからエラー皆無)



次のページへ
前のページへ
最高峰のアクションカメラGoPro HERO3+ 発売。バッテリー改善&さらに小型化(´∀`)ノ
TOPページへ

コメント(多忙中のため休止中) C[0] T[0]

人気ブログランキング
このブログを応援する・このブログに寄付する
mona:MEmMcKYAWfdX1r3XkoWBoweJTSjtDgdqRo
btc :1342ndtQDJ3NKkTw1BfP8AD4xMy8NJ4kWb


広告&サイト内おすすめページ

 

関連記事(ぜんぶ見る>> GoPro
GoProの無料コーデックが中間コーデックに使いやすいぞ!
64GBのmicroSDXC UHS-I カードを購入しました。
【20MB/s】サムスンのmicroSDXC 64GBカード購入しました
自分で撮影した動画をサクっと映画風の質感に仕上げる方法

※コメント欄の一時休止中につき、Monacoin企画も休止中です。
簡単!4ステップでふるさと納税 amazon
次のページへ
前のページへ

更新日 2013/10/02(2013年10月公開)このページはリンクフリーです

カテゴリ(メニュー)
このページ

Amazon

Amazon 日替わりタイムセール
サイト内検索
Special Thanks (TOP15)

Amazon
リンク集
楽天市場/ブログランキング
a8 a8