本日のWindows Updateで、Vistaに大幅な更新がありました。
噂どおり、Windows7新機能の目玉、WDDM1.1やDirectX11などもVistaに追加されたようです。

重要な更新になりますので一応アップデートする際は、「システムの復元」をオンにしたり、大切なファイルのバックアップを取っておきましょう。

MicrosoftWindows Update

Windows Vista KB971644の内容

注意:この更新を適用するためには、先にVista SP2パッチを適用しておく必要があります。
Vista SP2パッチを適用する為には、SP1を適用しなければなりません。

  • Windows グラフィックス、イメージング、および XPS ライブラリ
    Windows グラフィックス、イメージング、および XPS ライブラリ開発者は、進歩の最新のグラフィックス テクノロジのゲーム、マルチメディア、活用イメージング、およびアプリケーションを印刷できます。
    • 2D、3 D、およびテキスト ベースのシナリオではハードウェア アクセラレータをサポートする DirectX の更新
    • ハードウェア アクセラレータの並列コンピューティングのシナリオの DirectCompute
    • XPS 形式のライブラリのドキュメントの印刷シナリオ
  • Windows オートメーション API
    Windows オートメーション API できるユーザー補助ツールとテスト自動オペレーティング システムのバージョン間で一貫した方法で、Windows ユーザー インターフェイスにアクセスします。
  • Windows ポータブル デバイス プラットフォーム
    Windows ポータブル デバイス プラットフォーム、アプリケーションと、携帯電話、デジタル カメラ、またはポータブル メディア プレーヤーなどのポータブル デバイス間のデータ転送を標準化するためのインフラストラクチャを提供します。
  • Windows リボンとアニメーション マネージャー ライブラリ
    Windows リボンとアニメーション マネージャー ライブラリは、次の機能が含まれています。
    • Windows リボン API、迅速かつ簡単に、アプリケーションでリッチ リボン エクスペリエンスを作成する開発者を有効にするコマンド フレームワーク
    • Windows アニメーション マネージャー API、スケジュールおよびユーザー インターフェイス要素のアニメーションの実行を管理するため、アニメーション フレームワーク

上記リストは「Windows Server 2008 プラットフォーム更新プログラムと WindowsVista プラットフォーム更新プログラムの説明」より転載

DirectXの確認

WindowsUpdateが終わった後は、「ファイル名を指定して実行」のボックスに「dxdiag」と入力してDirectX診断ツールを起動し、のバージョンを確認してみましょう。
DirectX11
DirectX 11と表示されていれば、更新に成功しています。

WDDM1.1
▲「ディスプレイ」タブをクリックすると、「ドライバーモデル」の欄でWDDMのバージョンの確認が出来ます。

Aeroの描画能力もアップ

Windowsエクスペリエンス インデックス
▲WDDM1.1になることで、Windowsエクスペリエンス インデックスのグラフィックスの項目の数値が0.1~0.3程度高くなるようです。この数値が3.5以下の人は、Aeroのディスプレイ描画が軽くなった事が体感で実感できます。

Windows VistaはSP2登場以降、少しずつ評判を回復しつつありましたが、このアップデートを行う事によりユーザーの不満は一気に解消されるかもしれませんね。