このページについて

tsMuxeRはブルーレイのオーサリング用フリーソフト。TS、M2TS、AVCHD、MP4動画などからBlu-rayディスク用のファイルが作成できます。

 プライバシーポリシー / 免責事項

2014.11.17:一部内容の修正。音声ファイルの扱いに注意しましょう。

tsMuxeRはブルーレイのオーサリング用フリーソフト。
TS、M2TS、AVCHD、MP4動画などからBlu-rayディスク用のファイルを作成できます。
また、既に持っているBlu-ray用ビデオデータから不要な情報を削除したり、字幕・音声を追加したり、簡単なカット編集を行う事も可能です。

tsMuxeR
▲クリックで拡大: tsMuxeR起動画面
使い方も簡単で直感的。

  1.オーサリングしたい動画、音声、字幕などを登録し
  2.不要な情報を削除・編集し
  3.出力形式を選択し、出力
Muxer/Demuxerツールを利用した事がある人ならば、迷う所は全くない作りです。

はじめに注意

TVキャプチャ素材からBlu-rayやAVCHD ディスクを作ろうとしている方へ。 Blu-ray、AVCHD、どちらも音声はAC3かLPCMが基本です。AAC音声では、正常なDiscになりません。
音声ファイルはAC3に変換してからオーサリングを行いましょう。

音声をAACのままオーサリングしたい場合は、BDAV規格でオーサリングしましょう。そしてCPRM Discを用意しておきましょう。
サイト内関連記事: フリーソフトでBDAV規格のh264動画を作成する方法

 

tsMuxeRの特徴・概要

対応OS
  Windows(XP以降) / Linux /Mac OS(Leopard以降)
  ※このページではWindows版を利用して解説しています。

入力ファイルフォーマット
  コンテナ: MP4、TS、M2TS、EVO、VOB、MPG、MKV、MKA、Blu-ray形式
  ビデオ形式:H.264、Microsoft VC-1、MPEG-2
  音声形式:AAC、AC3、Dolby True HD、DTS、DTS-HD、LPCM
  字幕: sup、srt

出力フォーマット
  TS、M2TS 、Blu-ray disc形式、AVCHD disc形式、Demux機能もあり。

主な機能
  ブルーレイ形式・AVCHD形式へのオーサリング
  TS・M2TSなどストリーミング形式での出力
  多重化されたデータの分離(Demux)
  チャプターの追加・指定ファイル容量での分割
  音声・映像等の簡単なカット編集(先頭・末尾のみ)
  字幕・音声などの多重化 / 不要な音声・映像・字幕トラックの削除

スポンサー リンク

ダウンロード・インストール

公式サイト:SmartLabs- SmartLabs tsMuxeR
ダウンロードは右サイドバーのリンクから
※tsMuxeRは開発は終了しています。これ以上のアップデートは無いとの事です。

Windows版はインストールの必要なし。
ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに解凍し、実行ファイル(tsMuxerGUI.exe)をダブルクリックすればtsMuxeRが起動する。

tsMuxeRの使い方1:Inputタブ

基本的な操作は、メニュータブ「Input」にて行います。
それ以外のタブは補助的なものが多く、デフォルトのままでもOKな場合が多いです。

tsMuxerGUI
▲クリックで拡大: tsMuxeRの使い方

  • (1)「Input」タブを指定
  • (2)「Add」ボタンで素材となる動画などを追加。
       ドラッグ&ドロップでもファイルの追加は可能。
    • 注意(2本以上の動画を登録する場合)
    • 「Add」やドラッグ&ドロップで追加した場合は、同じトラック内に動画や音声が追加される。
    • 「Join」で追加した場合、その動画は1本目の動画に連結される。
      この際、フレームレートやサイズの異なる動画は連結できない。動画の規格は揃えておく事。
  • (3)ここでチェックを入れたトラックのみがオーサリング・出力されます。
       不要なトラックのチェックを外します。
  • (4)目的の出力形式を選択します。
       ブルーレイDiscに焼きたい場合は「Blu-ray」を選択。
  • (5)出力ファイルの保存先を指定します。
  • (6)「StartMuxing」をクリックするとファイルの出力が始まります。

Imgburnでブルーレイ用ISO作成中
▲クリックで拡大: Muxing/出力中。
ブルーレイ用のデータは20~50GBと大きい場合が多いので時間がかかります。
通常、20分~1時間かかると思っておきましょう。

ああ
▲出力形式を「Blu-ray」とした場合の出力結果

指定したフォルダ内に「BDMV」フォルダと「CERTIFICATE」フォルダが出来上がりました。
この二つがブルーレイ用のフォルダになります。

PCで再生する場合は、このままでもOK。Blu-rayディスクに焼きたい場合は、この2つのフォルダをISOに変換します(後述)

使い方2:その他のタブ、カット編集機能など

他タブの機能について。

tsMuxeRのタブ
▲tsMuxeRのタブ

  • General
    ビットレートの指定、その他一般的な設定を行います。解らない内は初期設定でOK
  • Blu-ray
    チャプターの設定などが可能
  • Split&Cut
    動画の分割やカットが可能。後述
  • Subtitles
    字幕のフォントやカラーの指定・変更が可能。
  • Donate&About
    ツール開発に対する寄付のお願いや、ソフトの概要などが記載された項目。
    オーサリングの設定で指定・変更出来る項目はなし。
カット編集について

tsMuxeRのカット編集
▲tsMuxeRのカット編集機能
Start(映像開始)~End(映像終了)を指定。
単位はミリ秒・秒・分から選択可能。
上図の場合、「素材動画の先頭から10秒目から15秒目までの5秒間」のファイルをオーサリングする事になる。「先頭を10秒・末尾を15秒カット」ではない。

ブルーレイ用のISO作成&ライティング

tsMuxeRで出力したファイルをそのままPCでBlu-rayディスクに焼いても、再生出来ないディスクが出来上がる可能性があります。別ソフトを使ってまずはISOファイルを作成し、それからBlu-rayにライティングを行います。(ここではフリーソフトのImgburnを利用して解説)

ImgBurnでBlu-ray用ISO作成
ImgburnのBuildモード
▲クリックで拡大: ImgBurnでの操作手順
  (1)Buildモード(日本語化している場合は構築モード)を選択
  (2)BD-REに焼く場合はUDF2.5、BD-Rに焼く場合はUDF2.6を指定

ISO化するファイルを指定
ブルーレイにライティングするフォルダ
▲先ほど作成した、この2つのフォルダを登録します。ドラッグ&ドロップでOK。

ブルーレイ用のISOファイル作成
▲クリックで拡大: ImgBurnでの操作手順
  (3)「Output」形式をImage Fileに変更
  (4)ボリュームラベル名を付ける。半角英数字で好きな名前をつければOK
  (5)保存先フォルダ、ファイル名を指定
  (6)ファイル作成ボタン。これをクリックするとファイルの作成が始まる

ISOデータをImgBurnでDiscにライティング
ディスクへライティング
▲クリックで拡大: ISOファイルのライティング
Imgburnを、Build(構築)モードからWrite(焼きこみ)モードに変更し、
ISOファイルを登録し、焼き込みボタンをクリック。
現状ではBD-Rディスクは書込み速度1~2が多いので、ライティングには1~2時間かかる。

 

最後はImgburnの使い方解説っぽくなりましたが、tsMuxeRを使ったブルーレイのオーサリング方法の解説は、以上になります。

 

おまけ:地デジTSファイルのオーサリングテスト

当初、私もBDMVとBDAVの違いが分からず、音声ファイルを地デジ生AACのままいくつかの動画をオーサリングしていました。
殆どの素材が音声が出ない状態になってしまいましたが、一部の素材、一部の再生機器の組み合わせで、正常に再生できるものもありました。
一部が再生できたため、音声フォーマットに原因がある事に気が付くのが遅れました(^_^;

tsMuxeRで地デジ素材取り込み
▲訳「いくつかのトラックが認識されませんでした。そのトラックは無効になります」

あとがき

以下は、当時体験したオーサリング時や再生時のエラーいろいろ。
  1. 文字情報のトラックが無効になる
  2. 多くの場合は音声・映像共にメイントラックは無事オーサリング出来る。
    オーサリングできても、音声が再生される素材はごく一部(パターンの特定は出来ず。)
  3. 5.1chや二ヶ国語放送等、CMで音声トラックが変更される素材などではオーサリング中にエラーが発生し、最終ファイルが出来上がらない。
  4. 別チャンネル・別番組などを複数一緒にオーサリングすると、殆どの場合でエラーが発生する。
  5. 複数本オーサリングする場合は、音声形式が同じものでまとめるとオーサリング時にはエラーが出ない(再生できるかどうかは別)。
  6. なんだかんだ言っても、音声AACのままオーサリングしたBDMV Discは殆どの再生機器で再生出来ない

いやまあ、音声ファイルをAC3に変換しておけばこんなエラーは出ないです(^_^;